レンタルサーバー比較

【第2弾】ロリポップとさくらはどっちがいい?【レンタルサーバー徹底比較】

前回はエックスサーバーとカゴヤジャパン共用サーバーの徹底比較を行ったこのシリーズですが、今回は
ロリポップvsさくら
で、今回はどちらも一番人気なプランの「スタンダードプラン」に絞って比較していきます!

どちらも低価格帯で人気のレンタルサーバーなので、どちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな方向けにどちらもメリット・デメリットをあげていき、迷ったときにはどちらを選べばいいのかを決めていきます。

※このシリーズは「どちらにするか決めかねている方」向けのコンテンツですので、決してどちらが優れている、劣っているといった内容ものではありませんのでご了承ください。
レンタルサーバー選びの参考にしていただければと思います。

では徹底比較していきましょう!

【レンタルサーバー徹底比較シリーズ】
【第1弾】エックスサーバーとカゴヤジャパンはどっちがいい?【レンタルサーバー徹底比較】

比較早見表

サーバー
LOLIPOP!
さくら
プラン
スタンダード
スタンダード
初期費用
1,620円
1,029円
月額(1ヶ月)
600円/月
515円/月
月額(12ヶ月)
500円/月
428円/月
容量(Web+メール)
120GB
100GB
データベース
MySQL30個
MySQL20個
マルチ/サブドメイン
100/500個
100個/?
メールアドレス数
無制限
無制限
転送量目安
100GB/日
80GB/日
転送量課金
なし
なし
バックアップ
300円/月
標準搭載
無料SSL
あり
あり
無料お試し期間
10日間
2週間
電話サポート
平日10:00~18:00
平日09:45~18:00

用語に関しては第一回で解説していますので、分からないものがある場合はそちらをご覧ください。

LOLIPOP!(ロリポップ)レンタルサーバー

まずLOLIPOP!レンタルサーバーの紹介から行っていきます。以下の4つの特徴について紹介します。

  1. 〇利用サイト200万以上の実績
  2. 〇サイト表示高速化への取り組み
  3. 〇独自機能のコンテンツキャッシュ
  4. △サーバー稼働率99.99%は盛りすぎ?

運用200万サイト越えの大人気レンタルサーバー

ロリポップレンタルサーバーは利用ユーザー170万人、運用実績200万サイトの超定番のレンタルサーバーです。

価格帯が違うので一概に比べることはできませんが、運用実績200万サイトというと、あのエックスサーバーよりも40万以上多い数字です。低価格帯(月額1,000円未満)のレンタルサーバーではずば抜けた人気でしょう。人気があるということはサーバーにそれだけ魅力があるということです。機能や性能を差し置いていてもそれだけで十分選ぶポイントになります。

ユーザーが多いということはネット上にたくさん情報もあふれており、操作方法や設定方法などについて書かれた記事もたくさんあり、困ったときに助かります。さくらのレンタルサーバーのユーザーが44万人ほどなので約5倍ものサイト運用実績があります。

モジュール版PHPなどの高速化機能も充実

モジュール版PHPを搭載することにより、従来のCGI版PHPよりも約12倍の高速性能を実現しています。従来、共用サーバーでのモジュール版PHPはセキュリティに問題がありましたが、独自開発の権限分離アーキテクチャにより、いち早くモジュール版PHPを搭載しました。

その他にも同時アクセス数拡張機能により、突発的なアクセス集中などによってエラーの発生を回避する機能を搭載しています。拡張予約も可能で、広告やキャンペーンなどでアクセス数の増加が見込まれるシーンにもプラン変更をしなくても対応することができます。

今後はSNIの提供やHTTP/2にも対応していくとのことです。

独自機能「コンテンツキャッシュ」でさらに高速

独自機能コンテンツキャッシュとは、ワンクリックでWordPressに対するサーバーの処理能力が最大24倍になるキャッシュ機能です。WPキャッシュと静的キャッシュの2種類があり、WordPressを利用していないサイトでも高負荷時でもサイト表示を安定させることができます。


(画像参照:LOLIPOP!レンタルサーバー

この画像のようにウェブサーバーとのやり取りが毎回必要な通信を、一時的にキャッシュすることにより読み込み速度を大幅に上げるのがコンテンツキャッシュです。

障害が多い

低価格帯で気になるのはやはり障害の多さですよね。障害に関してはLOLIPOP!レンタルサーバーも例外ではなく障害発生は非常に多い分類になります。(全てのサーバーに同時に障害が起こっているわけではなく、一部のサーバーで障害が起きています。)

ユーザーが多く、サーバーの設置台数も多いので障害件数は他と比べると多くはなるのですが、それでも障害は多いでしょう。共用サーバーに関しては、価格がそのまま障害の多さにつながるといっても過言ではないです。また、有名なレンタルサーバーにはDDoSなどの攻撃対象になる回数が他と比べ、多くなる傾向にあります。

LOLIPOP!レンタルサーバーの詳しい紹介記事はこちら”LOLIPOP!の評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】
LOLIPOP!レンタルサーバーの公式サイトはこちら”LOLIPOP!レンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー

続いてさくらのレンタルサーバーの紹介をしていきます。
以下の5つの特徴について紹介します。

  1. 〇初心者でも始めやすいシンプルで充実の機能
  2. 〇サイト表示高速化への取り組み
  3. 〇新コントロールパネル完成でさらに使いやすく
  4. △毎日のように発生する障害
  5. △サポート対応があまりよくない

初心者におすすめの機能がすべてそろっている

当サイトでは初めてレンタルサーバーを契約する方には以下の5つのポイントを注目するようにおすすめしています。

  1. 600円以下で電話サポートつき
  2. WordPressをWordPress簡単インストールに対応
  3. 独自ドメインをサーバー内で取得可能
  4. 無料お試し期間がある
  5. コントロールパネルが使いやすい

この5つのポイントをすべてさくらのレンタルサーバーは押さえています。初期費用は1,029円かかりますが月額500円ほどで利用でき、各種機能もそろっています。初心者の方には非常におすすめのレンタルサーバーです。

PHPモジュールモードやnginx採用で高速

さくらのレンタルサーバーもPHPモジュールモードに対応しており、高速化技術が搭載されています。
高速Webサーバーnginxを採用し、HTTP/2にも対応しています。
「アクセスの集中で503エラーが出てしまう」「画像やCSSなどのファイルが多くてサイト表示が遅い」「表示速度が遅く閲覧者の離脱率が高い」など、Webサイトの良くある悩みをさくらのレンタルサーバーなら解決できます。

ディスク使用量やページビューも確認できる新コントロールパネル

2018年5月よりベータ版での提供を行っていたコントロールパネルが、2019年3月に正式版が提供開始されました。ページビューなどのアクセス解析機能や、一目で使用しているディスク容量を確認することができる機能やドメインの取得もコントロールパネルから行うことができます。直感的で、使用したい機能がすぐに見つかる分かりやすいコントロールパネルです。

障害がほぼ毎日発生している

LOLIPOP!レンタルサーバーでも障害のことに触れましたが、さくらのレンタルサーバーはさらに障害頻度が高いです。利用サイトは1/5ほどですが、障害は1日に2~3件ほど毎日起きているようです。

当サイトで集めた口コミでもさくらのレンタルサーバーは障害が多いとの声を多数いただいております。こちらもサーバー稼働率99.99%をうたっているのですがおそらくもっと下回っているかと思われます。

豆知識として、本当にサーバー稼働率が高く自身のあるレンタルサーバーはSLA(Service Level Agreement)と呼ばれるサービス品質保証を付けている場合が多いです。SLAは設定してあるサーバー稼働率を下回ると料金が一部返金されるシステムです。

サポートに連絡しても解決しないことも

集まった口コミで障害と同じくらい多かったのが、「サポートに連絡してもなかなかつながらず、繋がってもサポートの対応が悪く問題が解決しなかった」といった内容の声がありました。待たされたうえ、解決しないのでは時間も非常にもったいないですしフラストレーションもたまりますよね。

外部サイトの口コミを見ても昔から、サポートが全然知識を持っていないという声は多数あるようです。

さくらのレンタルサーバーの詳しい紹介記事はこちら”さくらレンタルサーバーの評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】
さくらのレンタルサーバーの公式サイトはこちら”さくらのレンタルサーバー

迷ったらLOLIPOP!レンタルサーバー

ここまでお読みいただいてもまだお悩みの方には、LOLIPOP!レンタルサーバーをおすすめします。どちらも障害は多い方のレンタルサーバーですが、LOLIPOP!の方が安定しており、ユーザー満足度が高いことからのおすすめです。

料金を抑えたい方はさくらのレンタルサーバーでもいいかと思いますが、障害が頻発するようではアクセスが集まってくるとおそらくサーバーを乗り換えることになります。乗り換えにはまた初期費用が必要であったりするので、最終的にはコストが高くなるということもあり得ます。

以上の理由で、さくらのレンタルサーバーとLOLIPOP!レンタルサーバーの2つで迷った場合、当サイトではLOLIPOP!レンタルサーバーをおすすめします!

 

関連記事

  1. カゴヤジャパンに独自インタビュー

    カゴヤジャパンに独自インタビュー!カゴヤの人気の秘密は?

  2. 【第1弾】エックスサーバーとカゴヤジャパンはどっちがいい?【レンタルサ…

PAGE TOP