ドメインの基礎知識

Domain Links Seo Webinar Cyberspace Concept

図解でわかりやすい「ドメイン」とは?仕組みと種類を徹底解説

わかるようでわからないドメインという言葉。簡単に言うと「インターネット上の住所」のようなものです。
ホームページを作成する際には必ずドメインの設定が必要ですので、ドメインの役割、仕組みや種類など、徹底解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

1.ドメインとは?
    1-1.URLでのドメイン
    1-2.メールアドレスでのドメイン
2.独自ドメインとサブドメインって?
    2-1.独自ドメインとは
    2-2.サブドメインとは
3.ドメインの仕組み
     3-1.IPアドレスとは
     3-2.DNSとは
     3-3.ドメイン登録の流れ
4.ドメインの種類
    4-1.gTLD
    4-2.ccTLD
    4-3.属性型jpドメイン
5.独自ドメインと無料ドメインの違いと特徴
     5-1.無料ドメインのメリット・デメリット
     5-2.独自ドメインのメリット・デメリット
6.独自ドメインの取得方法
     6-1.ドメイン専門会社で取得
     6-2.レンタルサーバー契約時に取得
     6-3.ドメイン名の決め方
7.まとめ

1.ドメインとは?

冒頭でも記載しましたがインターネット上での住所のようなものです。
正確な定義としては「インターネット上に定められた部分領域」となっております。全然意味がわかりませんので住所でいいでしょう。

上のイラストでもわかるようにURLとメールアドレスでドメインは使われています。

1-1.URLでのドメイン

ホスト名(イラストだとwww)とドメイン名(イラストだとinventobserver.com)の組み合わせによりできているのがURLです。
ドメインがインターネット上の住所ならホスト名はインターネット上の名前に当たります。(本記事ではホストについての詳しい解説は省かせていただきます)

1-2.メールアドレスでのドメイン

ドメインは上のイラストのようにメールアドレスの@以降にも使われます。皆さんも@以降がgmail.comやyahoo.co.jpなどよく見るものではなく会社名などが入ったメールアドレスを見たことがあると思います。それが独自ドメインに当たります。
@より前が個人の名前、@以降が住所というイメージです。

2.独自ドメインとサブドメインって?

先ほどもメールアドレスの解説で独自ドメインと書きましたが、ドメインといっても「独自ドメイン」と「サブドメイン」の2種類があります。
ここでは独自ドメインとサブドメインの違いについて解説していきます。

2-1.独自ドメインとは

ドメイン名には自身のオリジナルの文字列を作って設定することができます。
その自身で設定したオリジナルのドメイン名を独自ドメインと言います。
会社名やブランド名、サイト名などをそのまま独自ドメインにすることが多いです。

2-2.サブドメインとは

サブドメインとは独自ドメインを細かく区分けするために作成するドメインのことです。
多くの場合は、複数のサイトを運営する際に、独自ドメインは同じものにして同社のサービスとユーザーに理解してもらいたい時などにサブドメインを設定します。
言葉にすると少し分かりづらいので、例として様々なサービスを展開しているYahoo!のドメインを見ていきましょう。

サービス名
URL
Yahoo!JAPAN
https://www.yahoo.co.jp/
Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/
Yahoo!メール
https://mail.yahoo.co.jp/
Yahoo!オークション
https://auctions.yahoo.co.jp/
Yahoo!トラベル
https://travel.yahoo.co.jp/

青字がサブドメイン 赤字が独自ドメインです

このように独自ドメインとサブドメインを設定することによって、違うサイトのURLでもYahoo!が運営しているサービスなんだということをユーザーに理解してもらうことができます。

関連する複数サイトを運営する場合は、新たに独自ドメインを取得するのではなく、サブドメインを取得し、サイトを作成するようにしましょう。

3.ドメインの仕組み

ではドメインはどのような仕組みになっているのかを解説していきます。
ですがドメインの仕組みを理解するに当たり、IPアドレスとDNSというものの理解が必要になってきますのでまずはその二つから解説していきます。

3-1.IPアドレスとは

IPアドレスとはInternet Protocol Addressの略です。
ドメインが住所なら、IPアドレスは緯度経度といったポジションでしょうか。
ドメインがインターネット上の住所と何度も解説してきましたが、その元となる情報が各Webサイトに数字で割り当てられています。それがIPアドレスです。
ですがIPアドレスだけではどのようなサイトか分かりづらく、覚えづらいため、IPアドレスからドメインに変換するシステムが現代では採用されています。
コンピューターはIPアドレスを基にWebサイトにアクセスしています。

3-2.DNSとは

Domain Name Systemの略です。
DNSは辞書のような役割を担っており、ドメイン名からIPアドレスを検索するシステムです。
実際の辞書で「インターネット」と調べる時、まずはのページを開き、次にいん、次にいんたといった順番で目的の単語まで調べていきます。
辞書とは逆になりますがDNSではドメインの右側から検索を始めます。
yahoo!オークションですとhttps://auctions.yahoo.co.jpですので
co.jpyahoo.co.jpauctions.yahoo.co.jp
といった順番でDNSはIPアドレスの検索を進めていきます。

3-3.ドメイン登録の流れ

ではドメインはどうやって登録されているのでしょうか。
ドメインを扱う業者には、レジストリという管理機関、レジストラというドメインの仲介登録業者の2種類が存在します。
賃貸物件を扱う不動産屋が似た流れですので、分かりやすくするために例として不動産屋と比較して見ていきましょう。

物件の管理を行なっている管理会社もしくは大家さんが、エイブルやスーモといった仲介会社に居住者の斡旋を依頼し、私たちはエイブルやスーモでお部屋を探します。
ドメイン登録も同じで、ドメインの情報を管理するレジストリがあり、ドメインをユーザーに提供するレジストラ(お名前.comなど)が斡旋し、私たちユーザーがドメインを取得する流れです。
ドメイン登録の流れとしては、ユーザー(ドメイン名の登録依頼)→レジストラ(ドメイン名の登録を受注)→レジストリ(ドメイン名の登録)の順番です。

4.ドメインの種類

DNSは右側から検索を行うと先ほど説明しましたが、一番右側のドメインをトップレベルドメインと言います。
トップレベルドメインの文字列にも意味があり、それぞれ特徴があります。以下ではその種類と意味・特徴について解説していきます。
以降で出てくるTLDとはtop Domain Levelの略です。

4-1.gTLD

gTLD(Generic Top Level Domain)は国・地域に関係なく誰でも取得できるドメインのことです。
主には以下のような種類があります。

ドメインの種類
意味・特徴
.com
商業サイトを表すドメイン。個人でも企業でも取得できる
.net
以前は通信事業者やプロバイダーなどネットワーク事業者のみに与えられていたドメインですが現在は個人でも使用可能
.org
非営利サイトを表すドメイン。以前は非営利団体のみ使用できたが、こちらも現在では個人も使用可能
.biz
ビジネスサイトを表すドメイン。.comを使用したいが先に使われていた時などに使用することが多い
.info
情報サイトを表すドメイン。用途の制限はない

4-2.ccTLD

ccTLD(country code Top Level Domain)国ごとに割り当てられたドメインです。
全ては書ききれませんが以下のような種類があります。

ドメインの種類
.jp
日本
.us
アメリカ
.kr
韓国
.au
オーストラリア

4-3.属性型jpドメイン

企業や学校など、日本国内組織の種別に区別されたドメインです。
以下のようなものがあります。

ドメインの種類
取得可能な組織
co.jp
日本国内に登記を行なっている企業などが取得可能
例:株式会社、有限会社、国内に登記を置いている外国会社、信用金庫、信用組合など
or.jp
以下のような法人や組合などが取得可能
例:財団法人、社団法人、宗教法人、医療法人、農業協同組合、国連等公的組織など
ac.jp
高等教育機関や学校法人などが取得可能
例:大学、専門学校、学校法人、障害者職業能力開発校など
go.jp
以下の機関や法人などが取得可能
例:政府機関、各省庁所轄の研究所、独立行政法人など

4-4.新gTLD

2008年まではトップレベルドメインは上記のようなものに限られていましたが、現在では英単語など様々な文字列が取得できるようになりました。
独自ドメインと組み合わせることで、どのようなサイトなのかをユーザーにわかりやすくすることができます。
レジストラ(ドメインの仲介登録業者)が多くのものを提供しています。

ドメイン名(お名前.comより抜粋)
.tokyo
.games
.marketing
.style
.network
.center
.love
.bio
.support
.digital
.ryukyu
.shop
.services
.design
.website

5.独自ドメインと無料ドメインの違いと特徴

ここまでドメインについて解説してきましたが、ドメインには無料で取得できるものも存在します。
以下では独自ドメインと無料ドメインのメリットとデメリットを見ていきます。

5-1.無料ドメインのメリット・デメリット

無料ドメインのメリットとしては、その名の通りですがやはり費用がかからない点です。
無料でドメイン取得できるサービスもありますし、アメブロやはてなブログのような自社名の後に自身のIDを入れてドメインとする方式もあります。
もう一つメリットを上げるとすれば、アメブロやはてなブログはプラットフォームが完全に用意されているので、一切の難しい設定が不要という点もメリットになるでしょう。

デメリットとしては、提供している会社としては無料で提供しているのだから、責任がないとも捉えることができます。なので、ある日突然にサービスが終了してしまうという、最悪のケースが起こってしまうかもしれません。
また、一般的に見たことのないようなドメインを使用していると、ネットリテラシーの高まりつつある現在、ユーザーとしては「怪しいサイトじゃないのか…」「フィッシングサイトじゃない?」という心配をしてサイトから離脱してしまう可能性があります。実際には決してそのようなサイトではないのにもかかわらず、ユーザーを手放してしまうのは大変もったいないことです。

こちらはサイトの作り方次第や文章力次第ではあるのですが、アメブロやはてなブログを使っているとどうしても素人感が出てしまいこれもユーザーの信用を得にくくなるのもデメリットと言えるでしょう。
SEOの観点から見ても、同一ドメインは検索順位1ページに1サイトと決められているので、自身のサイトより上位のサイトが有ると通常の検索順位よりも更に低くなってしまいます。

5-2.独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインに関してデメリットは本来特には無いのですが、無料ドメインと比較してデメリットを挙げるとするとやはり費用がかかることでしょう。
ですが、ドメインだけで1年に何万円もかかってしまうようなケースはほとんどの場合ではありえませんので、しっかりとサイトを運営していこうと思うのであれば、許容したい支出と言えます。

ここまですべてお読みいただいている方は長い記事だなぁ…と思われている方もいるかも知れません。
長いなぁと思った分だけ独自ドメインにはメリットがあると考えていいかと思います。

6.独自ドメインの取得方法

ここまでドメインの意味や特徴について解説してきました。
ではこの記事の最後になりますので独自ドメインの取得方法を学んでいきましょう。
独自ドメインの取得方法には、ドメインを提供している専門会社で取得する方法と、レンタルサーバーを契約する際に取得する2種類の方法があります。
以下ではその2種類の独自ドメインの取得方法とドメイン名の決め方について解説していきます。

6-1.ドメイン専門会社で取得

お名前.comムームードメインドメイン登録【バリュードメイン】
といった、ドメイン取得専門の会社があり、そこで独自ドメインを取得する方法があります。
「レンタルサーバーを契約すると独自ドメイン1つ無料!」などのキャンペーンを行っているレンタルサーバー会社を除き、ドメイン専門会社で独自ドメインを取得する方が費用は抑えることができます。
新gTLDも沢山の種類がありますので、新gTLDを使用したい方はドメイン専門会社で取得することをおすすめいたします。

6-2.レンタルサーバー契約時に取得

レンタルサーバー契約時に取得する方法ですが、先程も書きましたとおりサーバー契約でドメイン1つ無料といったキャンペーンを展開しているレンタルサーバー会社もありますので、まずは検討中のレンタルサーバーでそのようなキャンペーンはが行われていないか調べてみましょう。
多くの場合はトップページか、プラン比較のページに記載してあることが多いです。
一般的にドメイン専門会社で取得する場合と比べると取得費用は少し高くなる場合が多いのですが、あちらこちらにサイトを飛び回って設定を行う面倒なく一括管理できますのでこちらの方が楽な方法と言えます。

6-3.ドメイン名の決め方

ドメイン名の決め方ですが、正直なところこの文字列にすると検索順位が良くなる!といった裏技のようなドメイン名は今のところ存在しません。(おそらく今後も登場することはないです)
ですが、無料ドメインのデメリットの部分でも解説したように、ユーザーにとって信用が持てないようなドメイン名や、整備されてないのかな?と思わせるような文字列は使わないようにし、短く簡潔にサイトの趣旨をユーザーに伝えることのできるドメイン名をつけることをおすすめいたします。
今後長く付き合っていくドメイン名ですのでしっかりと考えつつも、あまりいいドメインをつけよう!と気張らずにドメイン名を決めていくのがいいかと思います。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。最後までお読みいただいた方はドメインについてしっかりと知識がついたのではないでしょうか。
ですが、ドメインについては非常に奥が深く、1記事ではすべて書ききれていないのが本音です。
ここが少しまだわからないな…という方、まだ深く知りたいという方は他にもドメインのことについて解説していますのでご覧いただければと思います。ドメイン関連の解説はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. サブドメインって何?特徴やサブディレクトリとの違いも解説

  2. 独自ドメインとは?無料ドメインとの差なども徹底解説

  3. 今さら聞けない「サブディレクトリ」を徹底解説!SEO効果は?サブドメイ…

PAGE TOP