ドメインの基礎知識

サブドメインって何?特徴やサブディレクトリとの違いも解説

こちらのページではサブドメインの意味や特徴、仕組みから取得方法まで初めての方でもわかりやすいよう解説していきます。
「ドメインって何?」という状態の方はまずこちらのページでドメインについて、徹底解説しておりますので、そちらからご覧いただければと思います。

目次

1.サブドメインとは?
     1-1.例:Yahoo!JAPANのサブドメイン
2.サブドメインのメリット・デメリット
     2-1.サブドメインのメリット
     2-2.サブドメインのデメリット
     2-3.サブドメインのSEO効果
3.サブディレクトリとの違い
     3-1.サブディレクトリとは?
     3-2.サブドメインとサブディレクトリの使い分け方
4.サブドメインの取得方法
     4-1.レンタルサーバー内にて取得
     4-2.ドメイン専門会社にて取得
5.まとめ

1.サブドメインとは?

まずドメインとはインターネット上での住所のようなものだとみなさまご認識いただいていると思います。
ではサブドメインとはなんなのかの解説に移っていきたいと思います。
サブドメインの定義としては独自ドメインを分割するために任意で設定できるドメイン名となっております。
複数のサイトを運営する際に、独自ドメインは同じものにして同社のサービスとユーザーに理解してもらいたい時などにサブドメインを設定することが多いです。
言葉で説明するよりも実際に使われているサブドメインを見た方がわかりやすいので、Yahoo! JAPANのサービスごとのドメインを見ていきましょう。

1-1.例:Yahoo!JAPANのサブドメイン

サービス名
URL
Yahoo!JAPAN
https://www.yahoo.co.jp/
Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/
Yahoo!メール
https://mail.yahoo.co.jp/
Yahoo!オークション
https://auctions.yahoo.co.jp/
Yahoo!トラベル
https://travel.yahoo.co.jp/

青字がサブドメイン 赤字が独自ドメインです

このように独自ドメイン(yahoo.co.jp/)の前に各サービスのサブドメインを入れてYahoo! JAPANの運営しているサイトということをユーザーに伝えることができます。

2.サブドメインのメリット・デメリット

先ほども触れたようにサブドメインには、ユーザーに同一企業のサービスだと伝えることができます。
ではそのほかには、どのようなメリットがあり、反対にデメリットはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

2-1.サブドメインのメリット

通常、複数サイトを運営する際には、新たにドメインを取得し、別のサイトを運営していかないといけないため、サイトの規模にもよりますが、単純に倍の費用と管理の手間が掛かります。
ですが、共通の独自ドメインで、サブドメインを取得しサイトを作ると大幅に費用を抑えることができます。

2-2.サブドメインのデメリット

サブドメインのデメリットとしては、この後に解説しますが、サブディレクトリと違い独自ドメインのSEO効果をほとんど引き継げないのが最大のデメリットです。(全く引き継げないわけではないと発表されています。)
そのほかには同ドメイン内でGoogleによるペナルティを受けるとサブドメインに設定している全てのサイトでペナルティの影響を受けてしまう可能性があります。
Googleのアルゴリズムで「検索結果1ページには同一ドメインのサイトを1つまでしか表示しない」というものがあります。これはサブドメインにも有効で、どれだけSEO対策などをしても1ページに2サイト表示されることはありません。

2-3.サブドメインのSEO効果

デメリットの1番最初にも書きましたが、サブドメインではほとんど独自ドメインのSEO効果はほとんど引き継ぐことができません。
全く引き継げないわけではないとGoogleが発表してはいるのですが、サブドメインだから!といったSEO効果はあまり見込めません。
作成したいサイトのSEOについて気になるようでしたらサブディレクトリの検討をしてみましょう。
サブディレクトリについてはすぐ下の4.サブディレクトリとの違いで解説していきます。

3.サブディレクトリとの違い

先ほどから何度か登場しているサブディレクトリという言葉。「サブドメインの解説見に来てるんだけど..」という方もぜひ学んでいってください。
サブドメインとサブディレクトリは似て非なるものですのでしっかりと違いを理解しましょう。

3-1.サブディレクトリとは?

こちらもまずは実際にサブディレクトリを使用している企業の例を見ていきましょう。
以下は「価格.com」のカテゴリ別のURL表です。

カテゴリ
URL
ホームページ
https://kakaku.com/
パソコン
https://kakaku.com/pc/
家電
https://kakaku.com/kaden/
カメラ
https://kakaku.com/camera/
ファッション
https://kakaku.com/fashion/

赤字が独自ドメイン青字がサブディレクトリ です

価格.comのサブディレクトリは非常に単純で見やすくていいですね。
見てわかるようにサブディレクトリはサブドメインとは違い、独自ドメインの後に文字列が続きます。
サブディレクトリの定義としては、サブディレクトリとは、あるディレクトリの下層に作成されたディレクトリのこととなっております。
サイトに置き換えると、メインサイトの下に作られたサイトといったイメージです。

サブディレクトリを使うメリットとして、サブドメインは独自ドメインのSEO効果を引き継げないのに対して、サブディレクトリではメインサイトのSEO効果を引き継げることができます。
サブディレクトリはメインサイトの下に作られたサイトということなので、SEO効果を引き継げるわけですね。

3-2.サブドメインとサブディレクトリの使い分け方

ここまで聞くとサブディレクトリでサイトを作った方がSEOで有利になるじゃないか。サブディレクトリでサイトを作ろう。とお考えのあなた。少しお待ちください。
あくまでサブディレクトリはメインサイトと同じテーマでサイトを作る際に使用するものです。
価格.comを見ると、パソコンも家電もカメラも価格.comで販売されている商品のカテゴリなのでサブディレクトリを使用しています。
ですがYahoo!のサービスを見てみましょう。
Yahoo!JAPANは検索エンジン、ヤフーオークションはオークション、ヤフートラベルは旅行というように、取り扱っているサービスが異なります。
こういった場合はサブドメインを使用するのが適当と言えるでしょう。

サブドメインは横並び、サブディレクトリは下といったイメージです。

「「「サブドメインは横並び、サブディレクトリは下イメージイラスト」」」

4.サブドメインの取得方法

ここまでサブドメインの特徴などについて解説してきました。
ではこの記事の最後に、サブドメインはどうやって取得するのかを解説していきます。

4-1.レンタルサーバー内で取得

レンタルサーバーの会社や契約中のプランによってサービス内容は違うのですが、多くのレンタルサーバーでは「サブドメイン〇〇個まで取得可能」といったサービスを行なっています。
レンタルサーバー会社によって取得の方法は違うので、個別の解説は省略させていただきますが、おそらくドメイン設定のメニューの中にサブドメインという選択肢があるはずなのでそちらで取得しましょう。

4-2.ドメイン専門会社で取得

独自ドメインをドメイン専門会社で取得している場合、サブドメインもドメイン専門会社で取得できることがあります。中にはサブドメインを取り扱っていない場合もあるので、そうした場合はレンタルサーバー内でサブドメインを取得をしましょう

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。今新たに製作しようとしているサイトはサブドメインが適切なのか、サブディレクトリが適切なのか判断できましたでしょうか。
どちらにもメリット・デメリットはありますので、サイトの趣旨にあっている方を採用し、サイトを作成しましょう。
この記事の他にもドメインについて解説していますのでぜひご覧ください。ドメイン関連の解説はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. Domain Links Seo Webinar Cyberspace Concept

    図解でわかりやすい「ドメイン」とは?仕組みと種類を徹底解説

  2. 独自ドメインとは?無料ドメインとの差なども徹底解説

  3. 今さら聞けない「サブディレクトリ」を徹底解説!SEO効果は?サブドメイ…

PAGE TOP