ドメインの基礎知識

独自ドメインとは?無料ドメインとの差なども徹底解説

初心者の方がサイトを開設するときに必ずぶつかると言っても過言ではないドメインの設定。
その中でも基本となる独自ドメインについて徹底解説していきます。

目次

1.独自ドメインとは?
     1-1.URLでのドメイン
     1-2.メールアドレスでのドメイン
2.独自ドメインの仕組み
     2-1.IPアドレスとDNS
3.独自ドメインのメリット・デメリット
     3-1.独自ドメインのメリット
     3-2.独自ドメインのデメリット
4.無料ドメインとの違い
     4-1.無料ドメインとは
     4-2.無料ドメインのメリット
     4-3.無料ドメインのデメリット
5.独自ドメイン取得費用
6.独自ドメインの取得方法
     6-1.ドメイン専門会社で取得
     6-2.レンタルサーバー契約時に取得
     6-3.独自ドメイン名の決め方
7.まとめ

1.独自ドメイン

独自ドメインとは当サイトですとhttps://www.inventobserver.com/の青字の部分が独自ドメインに当たります。
ドメインの定義としては「インターネット上に定められた部分領域」となっております。
独自ドメインはWebサイトのURLとメールアドレスで使用されています。

1-1.URLでのドメイン

先ほども書きましたが、URLで独自ドメインは使用されています。

URLの構造としては、プロトコル(httpやhttps)、ホスト名(www)、ドメイン(当サイトだとinventobserver)、トップレベルドメイン(com)などで構成されています。
プロコトルとは、インターネットで通信する上での約束事のようなもので、ホスト名はドメインと同意味のものと考えていいかと思います。もっともよく目にするwwwはworld wide webの略で世界中に張られた蜘蛛の巣という意味です。
トップレベルドメインはサイトの分野や国によって取得できるドメインが変わってきます。

1-2.メールアドレスでのドメイン

store-news@amazon.co.jp
こちらは通販会社Amazonのオススメ商品のメールが送られてくるメールアドレスです。
よく使用されているGoogleの@gmail.comやYahoo!JAPANの@yahoo.co.jpではないものが使われていますよね。
こちらがメールアドレスでの独自ドメインです。
独自ドメインを取得すると、メールアドレスの@以降を取得した独自ドメインで使用することが可能です。

2.独自ドメインの仕組み

では独自ドメインはどうして必要なのか、ドメインが表示される仕組みや理由を解説していきます。

2-1.IPアドレスとDNS

各WebページにはURLよりも前にIPアドレスというものが振り分けられています。
IPアドレスはInternet Protocol Addressの略です。
172・16・254・1といった数字の列で構成されています。見かけたことある方が多いのではないでしょうか?
ですがIPアドレスだけですとユーザーとしてはどんなサイトなのか分かりづらく、覚えづらいです。
なのでIPアドレスからURLに変換するシステムを現代では採用されております。
URLは先ほど説明した通り、ホスト名やドメイン名などから構成されていますので、そこで独自ドメインが必要になるということです。

DNSとはDomain Name Systemの略です。
先ほどはユーザーにとって扱いやすいようにURLに変換されたIPアドレスですが、コンピューターがネットワーク上のものを探すときは IPアドレスで検索します。
そこでDNSはURLをIPアドレスに戻す役割を担っています。
DNSはドメインの右側から検索を行なっていきます

3.独自ドメインのメリット・デメリット

すでに独自ドメインを使用されている方からすれば、「独自ドメインのデメリットなんてないよ」と思われるかもしれません。そうです、デメリットは特にないです。ですが、この後に解説しますが、無料のドメインサービスというものがあります。無料ドメインと比べた際に出てくるデメリットを含めて以下では独自ドメインのメリット・デメリットについて解説していきます。

3-1.独自ドメインのメリット

長く独自ドメインを使用しているとドメインにパワーがついて、それだけでもGoogleからのサイト評価が上がります。そのためドメインを取得する際、中古のドメインを取得したりする手段も存在します。

Googleでは検索結果に表示させる同一ドメインの件数を1件までに制限されています。
無料のブログサービスを使って運営している場合、同じドメインを使用しているブログが自分より1件でも存在すれば本来の検索順位よりも1ページ後ろの結果になってしまいます。上位を狙える内容であるのに非常にもったいないです。
そして同じドメイン内でペナルティがついたサイトがあると自身にまで影響が出るのですがその心配もありません。

ユーザーとしては独自ドメインを使用していると「きちんとしたサイトなんだな」と直感的に思いますし、アメブロやはてなブログなどの無料ドメインですと「個人的な意見なのかな」という風に思われてしまうかもしれません。どちらも個人、1企業が運営しているものなので個人的な意見であることに変わりはないのですが、ドメイン1つでそう思われてしまうのももったいないですね。
また、ユーザーにこういう趣旨のサイトですよ、と直感的に伝えることもできます。

以前ははてなブログなどでもGoogleアドセンスに申請ができましたが、現在では独自ドメインを使用していないと申請ができないようになっております。
※Googleアドセンスとは:Googleの提供している広告配信サービスで、広告を自身のサイトに掲載することにより、収入を得ることができます。

3-2.独自ドメインのデメリット

独自ドメインのデメリットを上げるとすれば、費用が掛かることと、取得に手間がかかることです。
ですがしっかりとサイトを運営していこうと思えばドメインの取得費用や、独自ドメイン取得の手間や多少の知識は必要なものだと割り振って考えましょう。
独自ドメインの取得も何万円もかかるわけではありませんので初期投資だと思いましょう。

4.無料ドメインとの違い

先ほどから少し触れていますが、ここからは無料ドメインについて少し解説していきます。
無料ドメインとのメリット・デメリット、具体的にどういったサービスなのかを理解しておきましょう。

4-1.無料ドメインとは

例にも挙げていますが、アメーバブログやはてなブログなど、無料の会員登録でサイトを開設できるサービスや、条件や制限付きで無料でドメインを取得できるサービスのことを無料ドメインと呼びます。
条件や制限については各提供元によって異なりますが、30日間アクセス・更新がないと削除などがあります。

4-2.無料ドメインのメリット

無料ドメインのメリットは、独自ドメインのデメリットで挙げたものの逆になります。
取得費用が掛からない、取得に手間がかからない(ブログサービスのようなものの場合)のが無料ドメインのメリットです。
基本的に独自ドメインと比べると、これ以上のメリットはないかと思われます。

4-3.無料ドメインのデメリット

こちらも独自ドメインのメリットの逆がデメリットになります。
同じドメインの競合サイトより検索順位が下回っていた場合、必要以上に検索順位が下がってしまいます。同じドメインにペナルティがついた場合は自身にも影響があります。

また、今は考えられませんがアメブロや、はてなブログがサービス中止した際には、突然サイトが使用できなくなるといった最悪のケースもあります。

無料ドメインは費用が掛からない反面、多くのデメリットが存在しますので、ぜひ独自ドメインを取得してサイト運営していきましょう。

5.独自ドメイン取得費用

大手ドメイン専門会社のお名前.comのドメインを例に挙げて見ていきましょう。

ドメイン名
料金
ドメイン名
料金
.com
360円
.jp
1160円~
.net
960円
.work
1円
.tokyo
149円
.online
99円

※料金hyouは記事作成時の料金です。ドメインの料金は変動しますので必ずしも以下の料金で取得できるとは限りません。

6.独自ドメインの取得方法

では最後に独自ドメインの取得方法を学んでいきましょう。
独自ドメインの取得方法は2種類あり、ドメイン専門会社で取得する方法と、レンタルサーバー契約時に取得する方法がりますので、以下ではその2つについて、独自ドメイン名の決め方について解説していきます。

6-1.ドメイン専門会社で取得

先ほど、独自ドメインの取得料金で紹介したお名前.comのように、独自ドメインの取得を専門とした会社のことをドメイン専門会社と呼びます。
ドメイン専門会社で取得する方法が独自ドメインを取得するメインの方法になります。
専門会社を名乗るだけあって、レンタルサーバー契約時に取得するよりも取得費用は低くなっております。

6-2.レンタルサーバー契約時に取得

独自ドメインを取得するもう一つの方法はレンタルサーバーを契約する際に、一緒に独自ドメインを取得する方法です。
多くのレンタルサーバー会社では、契約時にドメインを取得できるサービスを提供しているので、あっちこっちで契約するのが面倒!一括管理したい!という方はこちらの方法がおすすめです。
また、「レンタルサーバーをご契約いただいた方には独自ドメイン1つ無料!」といったキャンペーンを行っている会社もありますので、検討中のレンタルサーバーでキャンペーンは行っていないかも確認をしておきましょう。

6-3.独自ドメイン名の決め方

独自ドメイン名の決め方なのですが、こうすれば評価が上がる!といった裏技のようなものや、こうしなければいけない!といったルールは存在しません。
不規則な文字列でも、単語でも使用されていないものであれば設定可能です。
ですが、ユーザー目線で考えると短くわかりやすいドメイン名が好ましいといえます。
不規則な文字列などは「フィッシングサイトはないの?」「怪しいURLだから見るのやめておこう…」とユーザーに思わせかねませんのでお勧めはいたしません。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。
独自ドメインについてしっかり理解できましたでしょうか。
当サイトでは独自ドメインのほかにもサブドメインやサブディレクトリなどの解説を行っておりますので、ぜひご覧いただければと思います。ドメイン関連の解説はこちら
最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 今さら聞けない「サブディレクトリ」を徹底解説!SEO効果は?サブドメイ…

  2. Domain Links Seo Webinar Cyberspace Concept

    図解でわかりやすい「ドメイン」とは?仕組みと種類を徹底解説

  3. サブドメインって何?特徴やサブディレクトリとの違いも解説

PAGE TOP