コアサーバーの性能と評判まとめ【口コミ/障害/WordPress】

189円から使えるコストパフォーマンス抜群のレンタルサーバー!

ランニングコストを抑えた高機能レンタルサーバーCORESERVER(コアサーバー)を「価格」「搭載機能」「スピード」「サポート品質」「障害頻度」「評判」などから10段階評価しました!

「コアサーバーは使いづらい」との声が多いですが実際はどうなのでしょうか?契約して検証し、コアサーバーの料金・スペック・サポート・障害情報・口コミなどから5段階評価しました!

安心のGMOグループ、GMOデジロック株式会社より提供されている「CORESERVER(コアサーバー)」は初期費用無料、月額198円からWordPressの利用できるSSDストレージ搭載の高速サーバーを利用できるレンタルサーバーです。

コアサーバーの特徴はこちら!

  1. コストパフォーマンス抜群!
  2. パフォーマンスを低下させない少人数制!
  3. SSDストレージ搭載で高速処理!
  4. 独自ドメイン設定とWordPress設置が簡単
  5. マルチドメイン・メールアドレス・MySQLが無制限!
  6. 大阪と東京の2地域でデータのバックアップで安心!

コアサーバーは使いにくいとよく言われていますが、果たして本当なのかを実際に契約して体験してみました!是非最後までご覧いただければと思います。

-目次-
1.CORESERVERの特徴
2.実際に契約してみた
3.料金プラン
4.スペック・仕様・搭載機能
5.サポート体制
6.障害情報
7.まとめ
8.口コミ・評判

1.CORESERVERの特徴

まずはコアサーバーの特徴について見ていきましょう。メリットだけでなくデメリットも挙げていきますので参考にしていただけたらと思います。

コストパフォーマンスの良さ

コアサーバー最大の特徴はコストパフォーマンスの良さでしょう。初期費用0円、月額189円で独自ドメイン・WordPressを利用できるSSD搭載のレンタルサーバーは多くありません。
VPSやクラウドサーバーと同等のリソースを使用できるよう独自に快適化することにより同価格帯のサーバーよりも大規模なサイトの運営が可能なサーバーになっています。
また、サイトの安全性のため最新のOSやシステムにも対応しており、パフォーマンスの最適化やセキュリティの強化を常時おこなっています。

SSDストレージ搭載と少人数制で高速処理

先ほども触れましたがコアサーバーはSSDストレージを搭載しています。SSDストレージは従来のHDDストレージよりも数倍以上の処理が可能で、データファイル数の多いWordPressサイトなどではその性能をさらに発揮することができます。
処理速度だけではなく、HDDよりもSSDの方が寿命が長いのでストレージの換装回数が少なく済むので障害の頻度も少なく済みます。

共用サーバーは複数人で1台の物理サーバーをシェアするタイプのサーバーなので、1台当たりのユーザーが増えるごとに1ユーザーあたりに割り振られるリソースが少なくなっていきます。
コアサーバーは他のサーバーよりも1台当たりのユーザーを少なくすることで共用サーバーでも高パフォーマンスを発揮することができます。

地域別バックアップSSL化で安全

コアサーバーのデータセンターは大阪と東京の2拠点あり、複数のリージョンにより運用・管理されているので、万が一災害などが起こり片方のデータが壊れてしまった場合にもサーバーが完全に停止してしまうリスクを最小限に抑えることができます。
2つのリージョンでシステムを冗長化・負荷分散させることでデータを守っています。

近年のサイト運営で必須ともいえるのがサイトのSSL化ですがコアサーバーでは無料SSLのLet’s Encryptの他に、定価6,000円/年のアルファSSLが約80%OFFの1,200円で使えるなどブランドSSLもしっかりと準備されているのでサイトのセキュリティも万全です。
ECサイト向けで「.shop」ドメイン限定の.shop SSLは初年度無料で利用することができます。

独自ドメインの取得とWordPressの設置が簡単

このあと申し込みからサーバーの設置までの流れを紹介しているのですが、独自ドメインの取得とWordPressの簡単インストールが申し込み画面でまとめて設定することができます。
設定に迷う項目もないので初心者にも非常に分かりやすいよう設計されています。

他サーバーからの乗り換えが難しい

つい先ほど独自ドメインの取得とWordPressの設置が簡単といったばかりですが、コアサーバーの口コミには「使いにくい」や「ドメイン設定が難しい」などの声が多いです。
これは他社からのサーバー乗り換えを試したユーザーによる口コミがほとんどで、たしかにドメイン移管やWordPressの設定は分かりにくく面倒です。

詳しくはこの後の2.実際に契約してみたで紹介していますのでそちらでご覧ください。

電話サポートはCORE-Bプランから

コアサーバーは全プランでチャットサポートを行っていますが、電話サポートはCORE-B/Cプランのみの対応となっています。
その電話サポートも不明点が出てすぐに問い合わせができるわけではなく、電話サポートを申し込んでから折り返しの電話をもらうシステムとなっています。
設定が少し難しいにもかかわらずリアルタイムで電話ができない、下位プランでは電話サポートがついていないので設定に戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

また、よくある質問で掲載されている質問数が少ないのも少し気になりました。

2.実際に契約してみた

では実際に契約してみた感想を交えながら会員登録からサーバー設置までのステップを見ていきます。果たして本当にコアサーバーは使いにくいのでしょうか?

バリュードメインの会員登録が必須

コアサーバーの契約はバリューサーバーの会員登録が必須なのでまずはバリュードメインに登録するところから始まります。絶対にバリュードメインを使わせるぞという強い意志が感じられますね。

会員登録にはアルファベットでの入力も合わせて必要なのですが自動入力できたのでサクッと登録はできました。登録後、会員登録のメールに記載してあるパスコードを入力するとバリュードメインのコントロールパネルにログインができますので、続いてコアサーバーの登録に移っていきます。

コントロールパネル内の「コアサーバー」を選ぶと電話番号認証が必要となりますので、SMSの利用できる電話番号を入力して届いた認証コードを次の画面で入力してください。SMSが受信できない場合はサポートに連絡すると利用可能になるそうです。

コンパネ画面

電話番号認証が終了したら一度バリュードメインのコントロールパネルに戻り、再度コアサーバーを選択、「コアサーバーの新規アカウントを作成」を押すとコアサーバーのアカウント作成に移ることができます。
ここまで約2分ほどで完了しています。ここまではまだ使いにくさは感じていません。

続いて契約するプランを選択します。今回は実際にコアサーバーを使用するわけではないのでとりあえずCORE-MINIで登録しました。プランを選択するとアカウント作成画面に移りますので「リージョン」「希望アカウント名」を入力していきます。
リージョンとは東京と大阪にあるデータセンターを選択することができます。お住まいの地域に近い方を選択してくださいということで東日本(東京)を選択しました。
ドメインの新規取得をする場合は「ドメインを検索して申し込む」にチェックを入れるとドメイン検索のメニューが出てきますので、希望のドメインを検索して「申し込みと同時に設置する」にもチェックを入れておくと設置が楽完了します。「URLにwwwを付ける」は好みで決めて問題ないです。
無料お試しの場合やサーバー移管の場合はドメインの取得を行わずそのまま進みます。

これでアカウント作成が完了です。ここまで5分もたっていないほどです。他社と比べるとバリュードメインとコアサーバーの会員登録を別で行わないといけないため若干時間はかかっていますが気になるほどの差ではないと思います。

新規でドメインを取得してWordPressを申し込みと同時に設置している場合はこれでサーバー設置まですべて完了です。あとはSSL証明書を取得するなどを必要に応じておこなってください。

ここまで初めてレンタルサーバーを契約する方でも難しい設定は1つもありません。ではコアサーバーは使いにくいといわれているのでしょうか?
実はコアサーバーが使いにくいという口コミは他社から乗り換えをした方が口にしていることが多いです。確かにドメインの移管もここ!と書いてあるわけでもないですし、WordPressの引越し設定も面倒ではありました。そういった理由からコアサーバーは使いにくいといわれていることが今回契約してみてわかりました。

結論としては、ドメインの取得からおこなう場合は特に使いにくいことはない!です。ただし乗り換えの場合はマニュアルを眺めながら設定を行うことになるかと思います。

3.料金プラン

ではコアサーバーの料金プランを見ていきましょう。
コアサーバは契約期間ごとの料金を初回契約時と契約更新時に一括で支払う必要があります。
しかし、初期費用が0円なので12ヶ月契約分を一括で支払ってもそう大きな金額になることはありません。

価格もスペックも違うので比べるのは少し違うかもしれませんが、エックスサーバーのX10プランを3ヶ月契約するだけで7000円以上かかるのに対し、コアサーバーでは7000円払うとCORE-MINIプランを3年間、CORE-Aプランを1年半契約することができます。それほどコアサーバーの料金設定は抑えられています。

支払い方法はクレジットカード(VISA/MasterCard/JCB/AMERICANEXPRESS/amazon pay)、コンビニ決算、銀行振込、Yahoo!ウォレット、WebMoney決算の5種類に対応しています。

コアサーバーのプラン料金表は以下の通りです。契約更新時も同じ料金です。

CORESERVERのプラン料金表
プラン
CORE-MINI
CORE-A
CORE-B
CORE-C
初期費用
全プラン無料
1ヶ月契約
381円
477円
943円
3,800円
3ヶ月契約
1,048円
1,334円
2,752円
10,381円
6ヶ月契約
1,905円
2,571円
5,514円
20,857円
12ヶ月契約
2,381円
4,762円
9,428円
38,000円

4.スペック・仕様・搭載機能

続いてスペックや仕様について見ていきましょう。
先ほど料金の安さについて見てもらいましたが、この料金設定で、CORE-A以上のプランだとドメイン数、メールアドレス数、データベース数が無制限という破格の仕様です。果たして使い切れるのかは別としてコストパフォーマンスの良さは実感していただけるかと思います。

CORESERVERのスペック・仕様早見表
プラン
CORE-MINI
CORE-A
CORE-B
CORE-C
容量
SSD60GB
SSD120GB
SSD240GB
SSD500GB
転送量
無制限
マルチドメイン
50個
無制限
メールアドレス
200個
無制限
データベース
MySQL10個
無制限
WordPress
全プラン利用可能
自動バックアップ
未対応
対応

5.サポート体制

コアサーバーのサポートについてです。

特徴でも紹介した通りコアサーバーは電話サポートが下位プランでは対応してなく、上位プランでもリアルタイムでは電話サポートを受けることができません。
リアルタイムで問い合わせをするにはチャットサポートを利用しましょう。ただし営業時間が平日9:30~17:30なので連休中などは利用することができません。
メールでの問い合わせの返信日数などは記載されていません。

6.障害情報

コアサーバーは一ヵ月に1~3回ほど障害が発生しています。復旧には1時間ほどかかることが多いです。
障害頻度は共用サーバーの中では少ない方といえるでしょう。

7.まとめ

ではコアサーバーについてまとめていきます。ユーザーの口コミはこの後に紹介しています。

繰り返しになりますが、非常にコスパのいいレンタルサーバーです。高速なSSD搭載サーバーがこの値段で利用できるのはコアサーバーならではです。

コアサーバーは初心者向気ではないといった声を多数目にしますが、実際に私が使用してみた感覚では初心者の方は難しくないかと思います。
すでにサイトを持っていて設定がほどんど不要なレンタルサーバーから乗り換える方は少し難しいかもしれません。
申し込み時点でドメイン取得とWordPressの設置ができるので初心者には優しい部類のレンタルサーバーになるかと思います。

そしてコアサーバーは30日間の無料お試し期間が30日間あり、お得に利用を始めることができます。
まずは気軽にコアサーバーを利用してみましょう!

評価概要
レビューした日
レビューしたアイテム
コアサーバー
評価
51star1star1star1star1star

総合評価

月額
189円~
初期費用
0円
評価
特徴
ランニングコストを抑えた高速レンタルサーバー
ディスク容量
SSD60~500GB
転送量
無制限
サポート
メールサポート、チャットサポート、電話サポート(CORE-B/C)
総評
非常にコストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーです。
コントロールパネルの操作性やサポートが改善されると、もっといいサーバーに仕上がってくるかと思います。

8.口コミ・評判

最後に利用者の口コミを見ていきましょう。
レンタルサーバーチョイスでは実際にサーバーを利用したユーザーから独自に口コミを収集しております。実際のユーザーの声なので非常に参考になるかと思います。

プラン
CORESERVER/CORE-A
年齢/性別
30代/男性
契約期間
2018年10/1〜現在/center>
満足度
★★★★

今まで色んなレンタルサーバーを利用してきて、レンタルサーバーのノウハウには自信がありましたが、CORESERVERのコントロールパネルは分かりにくくて、すぐに理解することが困難でした。特に手こずったことはドメインの設定で、初心者には使いにくいサーバーだと思います。ですが、使い勝手に慣れてくると色んな機能が備わっているハイスペックなサーバーで表示速度も早く、コスパは良いと感じます。レンタルサーバーの基本的なことが理解できていない初心者にはかなり複雑でお手上げ状態になるかもしれませんが。障害については、運営するサイトのページ数が膨大な数になるとファイルの生成が停止してしまうことがあります。また、入ったサーバーの当たりハズレがけっこう激しいです。満員のサーバーでも普通のサーバー、神サーバー、死神サーバーがあります。ですが、どのサーバーに入るのかを自身で選択することができ、お試しでアカウントをいくつか持てるので、少し手順が面倒ですが良いサーバーに入れます。半年くらい利用していますが、いつも快適に使えています。何から何まで全てのことをWebの自動処理で終わらせるシステムには手こずりますが、しっかり管理することができているので満足しています。サポート面にはあまり期待しないほうが良いです。トラブル処理は基本的に自分で解決することです。サポートが手薄いから利用料金が安いと割り切って利用しています。初心者お断り!と思って利用するべきです。

プラン
CORESERVER/CORE-A
年齢/性別
40代/男性
契約期間
2018年2/1~2018年8/1
満足度
★★

独特のメニュー管理画面を持つCORESERVERは、共用レンタルサーバーををカスタマイズして使いたい上級者向けです。マルチドメインとメールサーバーを無制限で利用出来るため、CORE-Aを利用すれば自由度が高くなります。しかし、自由度の高さが原因で各ユーザーによる設定ミスや意図的なスパム運用により、coreserver.jp自体がスパムデータベースに登録されてしまっていて、共用サーバーならではの高負荷ユーザーがいると暫くサイト接続が出来ないことがあります。そこで、CORESERVERとの契約を行う際には、最低でもCOEW-B以上の契約が必要です。なぜなら、CORE-A以下の契約ではメールサポートのみであって、電話サポートはCORE-B以上のプラン契約者にしか開放されていないからです。既に障害が発生している場合には、電話サポート経由ならばすぐに対応してもらえますが、メールサポート経由は時間が掛かるので対応の遅れが目立ってしまいます。一度加入してから何度かサーバー設定費用を支払直して、入居するサーバー選びを行えるだけの余裕と資金があるユーザーならば、快適な共用レンタルサーバーを探すことが出来るでしょう。サーバーごとに安定度に違いがあることは、友人との比較で判明しています。

プラン
CORESERVER/CORE-A
年齢/性別
30代/女性
契約期間
2018年4/1~2018年11/30
満足度
★★★★

実際にレンタルサーバーのCORESERVERを使ってみた感想ですが思った以上にアップロードの速度も速くて良いと思いました。これと同じくらいの料金で使えるレンタルサーバーもありますが、そこはここよりも品質が劣ると思いました。またここを使っていて良かったと思ったのはここのサポート体制が思ったよりも良かったというのがあります。ここを使っていた時にちょっとしたトラブルがあったのですが、ライブチャットですぐに問い合わせて対処してもらえたので間違いなくサポートは良いと感じました。またここは自分で好きなように設定しやすいようになっているので自分が使いやすいように変えられるようになっていたのも良かったです。ただ、その分最初は少し使いづらいと感じたのでそこは少し残念でした。ですが、それも慣れてしまえばどうという事はなかったです。また、料金面でもここはかなり良いと思ったのでコスパと性能にこだわるという人が使えばかなり満足できるレンタルサーバーだと思いました。また、使っていてレスポンスも良い方だと思ったので最初の頃の使いにくささえなんとかなれば満足できる人も多いと思います。条件に合う人が使えば本当に良いレンタルサーバーだと思います。

評価概要
レビューした日
レビューしたアイテム
コアサーバー
評価
51star1star1star1star1star
評価概要
レビューした日
レビューしたアイテム
コアサーバー
評価
51star1star1star1star1star
PAGE TOP