CPIレンタルサーバーの性能と評判まとめ【口コミ/障害/WordPress】

高い安定性、稼働率100%、KDDIのレンタルサーバー

高機能・高安定性のCPI シェアードプランACE01を「価格」「仕様・搭載機能」「サポート体制」「障害頻度」などから5段階評価しました!

法人向けの安定したレンタルサーバーならCPI!

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズより提供されているレンタルサーバーCPI 「シェアードプラン ACE01」は、ビジネス用途に最適なサーバーとして、官公庁や教育機関などの大規模サイトや、ネットショップまで多くのユーザーに使用されています。
信頼と実績のKDDIから出ているレンタルサーバーCPIを詳細まで紹介していきますので是非最後までご覧いただき、レンタルサーバーの比較に役立てていただければと思います。
2019年4月26日まで37,000円/年(税別)の独自SSL証明書が無料で取得できるキャンペーンを行っているので、ご検討中の方はぜひこの機会にどうぞ!

目次

1.CPI 「シェアードプラン ACE01」の特徴
2.料金プラン
3.スペック・仕様・搭載機能
4.サポート体制
5.障害情報
6.口コミ・評判
7.まとめ

1.CPI 「シェアードプラン ACE01」の特徴

まずはCPI 「シェアードプラン ACE01」の特徴について見ていきましょう。
大きな4つの特徴について紹介します。

法人利用率90%

CPI 「シェアードプラン ACE01」の利用サイトの90%が法人のサイトです。
法人に多く利用されているのは安定感が高い証拠です。
稼働率は100%を公表しています。
必要な機能も最初から揃っているので、面倒なオプションの追加も必要ありません。

サイト表示やメールが安定

ビジネス用途での利用の場合、サイト表示は言うまでもなくですが、メールサーバーが安定しているのも絶対条件になります。
メールサーバーが安定していないと、ビジネス活動に悪影響を及ぼします。
CPIではネットワークの冗長化や、Webサーバーとメールサーバーを分離させ障害時の影響を分散させるなどして、品質の維持に取り組んでいます。

サーバー問題を解決する「SmartRelease」

自動バックアップ、管理画面からの簡単復旧、テストサーバーなどの機能を持ったウェブ構築・運用フェーズのトラブルを解決する「SmartRelease」という独自機能を標準搭載しているので万一の時も安心です。
自動バックアップは深夜帯に1回、リリース時に公開サイトのバックアップ、ファイル転送時にテストサイトのバックアップ、リストア時にカレントディレクトリのバックアップと、細かく自動バックアップを取得してくれます。
もちろん手動でのバックアップも可能です。

WAFやスパム・ウイルスチェックでセキュリティも万全

標準でWAF機能やメールのスパムチェック・ウイルスチェック機能が搭載されているので、高セキュリティです。
CMSの脆弱性を狙った攻撃などの対策は別途必要ありません。
それでも心配な方はマルウェア診断やWeb改ざん検知のオプション機能がありますので、そちらを追加しましょう。
SSL証明書も4社から選択出来ます。
2019年4月26日まで通常37,000円/年(税別)のCPI SSL証明書が無料で取得できるキャンペーンを行っていますので、ぜひこの機会に契約しましょう。

2.料金プラン

続いて料金プランを見ていきましょう。
CPIの共用レンタルサーバーはシェアードプラン ACE01の1種類のみのプラン展開です。

CPI シェアードプラン ACE01の料金表
初期費用
12ヶ月契約 無料
3・6ヶ月契約 21,600円(税込)
月額料金
3ヶ月契約
4,752円(税込) 合計14,256円
6ヶ月契約
4,428円(税込) 合計26,568円
12ヶ月契約
4,104円(税込) 合計49,248円

3ヶ月、6ヶ月契約だと初期秘湯が税別20000円もかかってしまうので年間契約を行うようにしましょう。
3ヶ月契約だと27,776円、6ヶ月契約だと23,888円も1年間使用すると高くなってしまいます。
初期投資額が大きくなってしまいますが、年間で見ると断然お得なので年間契約することをお勧めいたします。
支払い方法は、銀行振込、クレジットカード決算、Pay-easy

3.スペック・仕様・搭載機能

スペックや搭載機能についても見ていきましょう。

CPI シェアードプラン ACE01のスペック・仕様・搭載機能一覧表
ディスク容量
無制限
マルチドメイン
無制限
MySQL
無制限
メールアドレス
無制限
メモリ
非公開
転送量
無制限
OS
FreeBSD 11系
自動バックアップ
毎日深夜、各操作時に自動バックアップ
SSL証明書
CPI SSLサーバー証明書・セコム パスポート
シマンテック・ジオトラスト クイックSSLプレミアム
G Suite連携
Gmail、Googleドキュメント、Googleカレンダーなどと連携可能

4.サポート体制

CPI シェアードプラン ACE01はサポートが充実しています。

CPI シェアードプラン ACE01のサポート一覧表
初めて電話サポート
サーバーを始めて利用するユーザーの質問に一緒に操作しながら案内する電話サポート
オンラインヘルプ
各種機能の使い方について解説してあるサポートサイト
まかせてメールサポート
専門のサポートエンジニアがメールでサポート
受付時間10:00~18:00
24時間365日
TEL & メールサポート
24時間365日対応の電話・メールサポート
オプション:月額972円(税込)

オプションでの加入が必要ですが、24時間受付の電話サポートがあるのは万が一の時にうれしいですね。
サポートサイトも細かく解説してあるので、操作方法なども迷わないかと思います。

5.障害情報

2019年3月1日から10日の障害情報をまとめました。

2019年3月1~10日の障害情報
3/1 10:55~11:55 60分
3/5 04:30~05:00 30分
3/6 12:40~13:55 75分
3/8 10:00~10:20 20分
3/10 03:00~03:50 50分

ただ、障害といってもページが落ちるや、サーバーへログインできなくなるといった障害ではございません、
サーバーが落ちてしまったというような障害は見つかりませんでした。

6.口コミ・評判

口コミや評判とまとめました。

  • 値段だけあってさすがの機能性と安定感がある
  • KDDIブランドはクライアントとの話しを通しやすい
  • 零細事業には少しオーバースペック

などの声が多かったです。
機能やスペックには満足している方がほとんどでした。

7.まとめ

容量・マルチドメイン無制限、稼働率100%をうたっているだけあり、トップレベルの安定感を持っています。
ですが、小~中規模サイトにはオーバースペックでコストも高すぎるかなといった印象です。
信用第一で運営している法人などのサイトにおすすめのレンタルサーバーです。

10日間のお試し無料機関がありますので、まずは気軽にCPI シェアードプラン ACE01を利用してみましょう。

総合評価

月額
4,104円
初期費用
0円/20,000円
評価
ディスク容量
無制限
転送量
無制限
サポート
メール・電話(10:00~18:00)オプション:電話・メール(24時間対応)
総評
非常に安定感のあるレンタルサーバーです。
スペック面でも料金面でも法人向けです。
PAGE TOP