GMOクラウド「ALTUS(アトラス)」の評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】

導入目的や予算に合わせて2種類のクラウドから選べるクラウドサーバーならGMOクラウド「ALTUS」

プランの選択が自由な「GMOクラウド ALTUS」を「価格」「性能」「サポート品質」「搭載機能」「障害頻度」などから5段階評価しました!

品質と価格のバランスが優れたlaas型クラウドならALTUS!

安心のGMOグループ、GMOクラウド株式会社より提供されているGMOクラウド「ALTUS」は、Webサイト構築から検証・開発環境、業務システムや基幹システム構築まで幅広いニーズに対応しております。
ALTUS(アルタス)は、コストパフォーマンスの良い「ALTUS Basic」と、VLAN環境が標準搭載で高セキュリティ環境な「ALTUS Isolate」、設定運用を任せられるクラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」の3シリーズが提供されています。
シリーズごとに特徴や仕様などを解説していきますので是非最後までご覧いただき、レンタルサーバーの比較に役立てていただければと思います。

目次

    1.ALTUS Basic
    2.ALTUS Isolate
    3.サポート体制
    4.障害情報
    5.評判
    まとめ

1.ALTUS Basic

ALTUS Basicの特徴

ALTUS Basicの特徴は初期費用・データ転送量が無料でコストを抑えて運営することができます。
スモールスタートのサイト運営から開発環境まで幅広く使えるコストパフォーマンスに優れたlaas型クラウドサービスです。

・従量課金よりもお得なリソースパックを導入
リソースパックとは、あらかじめ必要なリソースをまとめて購入ことにより従量課金よりも価格を抑えることができるパックです。

・データ転送料無料
動画などの容量がかさむデータや、キャンペーン中のアクセス増加もコストの心配が不要です。

・人気のPleskが利用可能
コマンドを一切使うことなくサーバー管理ができ、高セキュリティなPleskを導入可能です。

などの機能がありながらもサービス品質保証制度99.95%としており、サーバーの強さにも自信があるようです。
※品質保証制度とは、月間99.95%のサーバー稼働ができなかったら一部料金を返金するシステムです。

価格とプラン表

プラン
月額(税込)
メモリ
ディスク容量
vCPU
リソースパック
1500円
1GB
20GB
1CORE
おすすめパック1
3000円
2GB
40GB
2CORE
おすすめパック2
6000円
4GB
80GB
4CORE
おすすめパック3
10200円
8GB
110GB
4CORE

プランは必要なスペックで契約ができるので上記のプランがすべてではありません。
見積シミュレーションがあるので、必要スペックや予算を考えながら契約プランを決めましょう。

仕様・搭載機能

以下の仕様や機能が標準搭載されております。

仮想サーバー
自由な仮想サーバーを作成でき、vCPUとメモリは作成後でも拡張・縮小が可能
ファイアーウォール
用途に合わせたファイアーウォールを簡単設定
アフィニティグループ
仮想サーバーを異なる物理サーバーに配置可能
ストレージ
標準ディスクとフラッシュディスクから選択
スナップショット
仮想サーバースナップショット・ディスクスナップショット・定期ディスクスナップショットの3種類
ロードバランサー
3種類の分散方式から選択
アップロード・
ダウンロード
ISOイメージアップロードテンプレート・ボリュームのアップロード・ダウンロードに対応
高可用性(HA機能)
強固で高セキュアなデータセンター内でクラウド設備を冗長構成にて設置・運用
API
CloudStack標準APIと一部のAWS 互換 APIが使用可能
アカウント権限
管理者権限とユーザー権限の2種類が付与
ゾーン
ゾーン1・Basic_tky001、ゾーン2・Basic_tky002

オプション

以下のオプションが利用できます。

Plesk
コマンド不要のサーバー管理ツール
SSL証明書
個人情報の漏えい改ざんのリスクを防ぐSSLを簡単導入
ドメイン
ドメインの新規取得・管理が可能

OSテンプレート

以下のOSテンプレートが使用可能です。

標準OS
テンプレート
OS
テンプレート
CentOS
CentOS 6.8 64bit
CentOS 6.8 LAMP 64bit
CentOS 6.9 64bit
CentOS 6.9 LAMP 64bit
CentOS 7.1 64bit with KUSANAGI
CentOS 7.3 64bit
CentOS 7.3 LAMP 64bit
CentOS 7.3 64bit with Plesk Onyx
CentOS 7.6 64bit with Plesk Onyx +ext.01
Windows
Windows 2008 R2 Standard Edition SP1 JP
Windows 2008 R2 Enterprise Edition SP1 JP
Windows 2012 R2 Standard Edition JP
Windows 2012 R2 + FileMaker Server 17
Ubuntu
Ubuntu 14.04 64bit
Ubuntu 16.04 64bit

2.ALTUS Isolate

ALTUS Isolateの特徴

ALTUS IsolateはVLAN関東を標準搭載した業務システムなど大切なデータを取り扱う場合に最適です。

・VLAN標準搭載でプライベートクラウド並みの環境
仮想サーバーは27プラン非常に豊富で、リモートアクセスVPN機能搭載の仮想ルーターに加え、オプションで拠点間VPNもあるので、高セキュアな環境を構築することができます。システム用党に最適です。

・1つの仮想ルーターに4機能が搭載
ファイアーウォール、ロードバランサー(L4/L7)、ポート転送、リモートアクセスVPNの4機能を搭載。
自動的に専用のVLAN(専用セグメント)環境を構築するため、不正アクセスなどから防ぐことができます。

・高セキュアなクラウドを月額2170円から
仮想サーバー、仮想ルーター、OSを搭載したルートディスクとIPアドレスが含まれた最小構造が月額2170円から利用できます。ストレージは1GB14円~20円で追加できます。

こちらもALTUS Basicと同じくサービス品質保証制度が99.95%に設定されているので安心感があります。

価格とプラン表

27種類のサーバーのプランと、数多くの組み合わせがあるためALTUS Isolateの料金などは公式ページの見積りシミュレーションにてご確認ください。
【GMOクラウド ALTUS】

仕様・搭載機能

以下の仕様や機能が標準搭載されております。

仮想ルーター
ファイアーウォールやロードバランサーを搭載した仮想ルーターを3種類から選択
仮想サーバー
27種類のプランから選択できるのでコストの無駄を省くことが可能
アフィニティグループ
仮想サーバーを異なる物理サーバーに配置可能
ストレージ
標準ディスクとフラッシュディスクから選択
スナップショット
仮想サーバースナップショット・ディスクスナップショット・定期ディスクスナップショットの3種類
シェアードネットワーク
他のプランとのローカルネットワーク接続可能
アップロード・
ダウンロード
ISOイメージアップロードテンプレート・ボリュームのアップロード・ダウンロードに対応
高可用性(HA機能)
強固で高セキュアなデータセンター内でクラウド設備を冗長構成にて設置・運用
API
CloudStack標準APIと一部のAWS 互換 APIが使用可能
アカウント権限
管理者権限とユーザー権限の2種類が付与

オプション

以下のオプションが利用できます。

SSL証明書
個人情報の漏えい改ざんのリスクを防ぐSSLを簡単導入
ドメイン
ドメインの新規取得・管理が可能

OSテンプレート

以下のOSテンプレートが使用可能です。

標準OS
テンプレート
OS
テンプレート
CentOS
CentOS 6.8 64bit
CentOS 6.8 LAMP 64bit
CentOS 6.9 64bit
CentOS 6.9 LAMP 64bit
CentOS 7.1 64bit with KUSANAGI
CentOS 7.3 64bit
CentOS 7.3 LAMP 64bit
Windows
Windows 2008 R2 Standard Edition SP1 JP
Windows 2008 R2 Enterprise Edition SP1 JP
Windows 2012 R2 Standard Edition JP
Windows 2012 R2 Standard Edition JP + SQL2014 Standard
Windows 2012 R2 Standard Edition JP + SQL2014 Web
Windows 2012 R2 + FileMaker Server 17 ※2
Ubuntu
Ubuntu 14.04 64bit
Ubuntu 16.04 64bit

3.サポート体制

問い合わせ方法
受付時間
メールサポート
24時間365日対応
電話サポート
技術的な問い合わせ平日9:00~19:00
それ以外の問い合わせ平日10:00~18:00
有料電話サポートサポート
24時間365日対応
月額10000円・3回/月

有料にはなってしまいますが、24時間対応の電話サービスがあるのは緊急時に安心ですね。収益が少ないサイトなどは使う機会はないかもしれませんが、深夜帯もアクセスのあるサイトでは重宝する時が来るかもしれません。
問い合わせ以外にも、サポートサイトが充実しており、導入前のコンサルから構成・運用まで任せることができる導入支援のサポートもあります。

4.障害情報

2019年2月の障害情報
Isolate・2/9 10:32~11:37 1時間5分
Basic・2/13 01:09~02:00 51分
Basic・2/20 11:54~12:07 13分
Basic・2/20 12:36~12:43 7分
Basic・2/22 06:34~06:59 25分
Basic・2/22 21:55~22:43 48分
2/28 17:37~18:04 27分

ネットワーク障害に関しては2/20と2/22の2件なので2月の合計は80分で99.8%の稼働率なのでおそらく若干の返金が行われているはずです。
ですが、99.8%しっかり稼働しているので十分安定しているといえるでしょう。
「障害が発生していた恐れがある」という症状も公開しているので安心感が持てるサービスです。

5.評判

2018年末から2019年始にかけて大規模なストレージの障害が起こり、そこで批判は出ていましたが、解約した・するといった声は特に上がっていませんでした。
サービスでもサポートでも満足されている方が多いようです。

まとめ

搭載機能もプランもたくさん用意されており、必要なスペックで契約できるクラウドサーバーです。
初心者~中級者の方はBasic、中級者~上級者・企業で使用する場合はIsolateがおすすめです。
14日間の無料お試し期間が設けられていますので、検討中の方は操作性やスピード感を体感してみてはいかがでしょうか。

GMOクラウドALTUSはこちらから>>

   

総合評価
価格
月額」1500円(リソースプラン)
評価
★★★★☆
特徴
スペックを自由に選べて、品質と価格のバランスが取れたクラウドサーバー
ディスク容量
20GB(リソースパック)
メモリ
1GB(リソースパック)
転送量
無料(標準ディスク)
サポート
メール(24時間対応)電話(平日9:00~19:00)有料電話(24時間対応)
総評
導入目的や予算に合わせて2種類のクラウドから選べるクラウドサーバーです。
有料ですが24時間対応の電話サポートが受けれるのはGMOクラウドALTUSならではです。
個人から企業まで幅広く使うことができます。

公式サイト>>



PAGE TOP