six core「S1プラン」の評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】

月額1,800円で趣味から企業サイトまでおすすめのレンタルサーバー

six coreレンタルサーバーを「価格と性能」「サポート品質」「管理画面の使いやすさ」「自動バックアップサービス」「稼働率」の5段階評価しました!

six coreレンタルサーバーが選ばれる理由

1.価格と性能

six coreレンタルサーバーでは一番安いプランの「S1」は月額料金が1,800円からと設定されております。
six coreレンタルサーバーのディスク容量は一番少ないものでも50GB(SSD)、最高で200GBと複数のサイト運営でも性能は遜色ありません。
1つのサーバーで複数の独自ドメインを管理できるマルチドメインは5個、データベース(MySQL)も5個で、低人数ハイスペックサーバーとして「最新16コアCPU + 96GBメモリ」に総計722Gbps(2017年4月現在)のバックボーンネットワークに2Gbps 直結の高速転送速度とかなりのハイスペックです。

2.サポート品質

平日:10時~18時(※年末年始及び弊社指定休業日を除きます。)の時間帯は電話対応サービスもあり、新規ご契約のご相談、ご利用中のトラブルなど、受付けしております。
メールによる質問等のお問い合わせフォームがあり、24時間受付けしております。

3.管理画面の分かりやすさ

レンタルサーバー初心者にとっては長い付き合いになる管理画面は使い勝手がとても重要です。
「X Server」レンタルサーバーと同じ会社の高品質上級版として「six core」があり、どちらも分かりやすい構造のコントロールパネルは初心者でも扱いやすくなっております。

4.自動バックアップサービス

自動バックアップ機能もあり、無償でバックアップを取得するサービスです。six coreレンタルサーバーでは、サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応しています。
バックアップデータの提供の際には、下記の通りデータ提供1回ごとに手数料が必要です。

  1. サーバー領域データ…ご指定の日のWeb・メールデータ(税込10,800円)
  2. MySQLデータベース…ご指定の日の特定のデータベース1つ(税込5,400円)

5.レンタルサーバーの稼働率

国内最大規模のデータセンターに設置したsix coreレンタルサーバーは24時間365日の有人監視により稼働率99.99%以上を実現しています。
またコントロールパネルで、各サーバーの月別総稼働率 (実績値)を確認できる嬉しいサービスもございます。

six coreレンタルサーバーのまとめ

月額1,800円で、サポートを除けばここまで機能充実のレンタルサーバーというのはあまり見かけません。
WordPressやXOOPS Cube、PukiWiki、更にECサイトの構築に使われるEC-CUBEなどの人気CMSをファイルの配置や各種設定などの面倒な作業を省いて、ワンクリックインストールできます。これらの自動インストール機能も搭載されているため初心者でも利用することが可能です。
six coreレンタルサーバーは「S1プラン」で2年ほどの活用歴ありますが、障害の不満を感じたことがございません。
個人やアフィリエイター、個人事業主、中小企業などで、高機能・高性能を望む方にはピッタリのレンタルサーバーでしょう。

six coreレンタルサーバーはこちらから>>

   

総合評価
価格
「月額」1,800円(S1プラン)
評価
★★★☆☆
特徴
趣味のサイトから中小企業サイトまで幅広い用途のレンタルサーバー
容量
「SSD」50GB(S1)
データベース
MySQL 5個(S1)
マルチドメイン
5個(S1)
自動バックアップ機能
最大14日分保存でWebサーバー、メールサーバーは過去7日分
DBサーバーは過去14日分のデータまで保存しています。
サポート
平日10時~18時まで電話対応、メールフォーム24時間対応
総評
月額1,800円で趣味から企業サイトまでおすすめのレンタルサーバー

公式サイト>>

PAGE TOP