Zenlogic(ゼンロジック)の性能と評判まとめ【口コミ/障害/WordPress】

IT専門部者や担当者がいなくても使える難しくないクラウドサーバー

月額890円で利用できるクラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」を「価格」「仕様・搭載機能」「サポート体制」「障害頻度」などから5段階評価しました!

サポート充実!890円から始められるクラウドサーバーならZenlogic!

2018年の統計では企業のクラウドサービスの利用率が50%を超えている現在ですが、クラウドサーバーに抵抗や不安を持っている企業はまだ多いのが現実です。
株式会社IDCフロンティアより提供されているZenlogicでしたら、そんなクラウドサーバーに対する抵抗や不安をすべて解決してくれます!
以前までZenlogicは企業向けのクラウド型レンタルサーバーでしたが、現在では月額890円で利用できる特別プラン「プランS」も登場し、個人でも利用しやすいクラウドサーバーとして多くの利用者を獲得しています。
公開6日で100万PVを突破した大人気サイト「俺の嫁が可愛い」や、毎年末にユーキャン新語・流行語大賞を発表している「自由国民社」、大阪の大人気水族館「海遊館」などが利用しているZenlogic3シリーズの特徴や価格などを紹介していきます。
レンタルサーバーを選ぶとなると、共用サーバーの中から選びがちですが、この記事を読んだ後には「クラウドサーバーも検討してみるか」と思っていただけるはずなので、是非最後までお読みください!

記事ボリュームがありますので、目的のサーバーがある方は目次よりジャンプすることをおすすめします。
Amazon Web Servicesを基盤にしたクラウドサーバーがAWシリーズ(月額9,810円~)
Alibaba Cloudを基盤にしたクラウドサーバーがALシリーズ(月額9,720円~)
手軽に利用できる次世代ホスティングサーバーがYシリーズ(月額890円~)
に、なっています。

目次

1.Zenlogic AWシリーズ
    1-1.Zenlogic AWシリーズの特徴
    1-2.Zenlogic AWシリーズの価格表
    1-3.Zenlogic AWシリーズの搭載機能・仕様
2.Zenlogic ALシリーズ
    2-1.Zenlogic ALシリーズの特徴
    2-2.Zenlogic ALシリーズの価格表
    2-3.Zenlogic ALシリーズの搭載機能・仕様
3.Zenlogic Yシリーズ
     3-1.Zenlogic Yシリーズの特徴
     3-2.Zenlogic Yシリーズの価格表
     3-3.Zenlogic Yシリーズの搭載機能・仕様
4.サポート体制
    4-1.サポート受付
    4-2.対面サポート
    4-3.ホワイトペーパー
5.障害情報
6.口コミ・評判
7.まとめ

1.Zenlogic AWシリーズ

Zenlogic AWシリーズはIT専門部署や担当者を持たない中小企業のためのAWSを基盤に採用したサービスのことです。
※AWSサービスとは:数多くあるクラウドサービスの中で最も人気の「Amazon Web Services」のことです。
 周辺サービスが非常に充実しており、柔軟性や自由度が高く、信用性が高いので多くの企業で採用されているサービスです。
クラウドサーバーをレンタルサーバー(共用サーバー)感覚で利用できるのがAWシリーズです。

1-1.Zenlogic AWシリーズの特徴

AWシリーズの特徴としては

  • マネージドサービスなのでサーバー運用の専門知識不要!
  • 専用サーバーと同等以上の高機能
  • 初期費用無しで始めやすく、月額料金制なので安心!
  • 充実のサポート体制!
  • 直感的に操作できるコントロールパネル!
  • 30種類の機能がパッケージ化で充実機能!
  • クラウドならではの柔軟な拡張性とサーバー構成!
  • AWSの認定取得企業なので安心!

などが挙げられます。

クラウドサーバーを導入するにあたり、多くの方が心配される問題が2つあります。
それが運用の難易度と、料金面です。
多くのクラウドサーバーでは利用状況により料金が変動する従量料金制をとっているためランニングコストが安定せず、予期せぬ料金になってしまうこともしばしばです。

AWSを直接利用する場合も従量料金制になってしまうのですが、Zenlogic AWシリーズでは月額定額制を導入しているため毎月のランニングコストを一定化することができ、さらに初期費用も無料のため乗り換えもしやすいです。
「ランニングコストが安定しないからクラウドサーバーには移行しない」という理由でクラウドサーバーを避けていた企業でも利用しやすい料金プランになっています。

二つ目の問題の運用の難易度ですが、AWシリーズは24時間365日体制で有人でのシステム管理やセキュリティ対策、バックアップなどの保守業務をZenlogicがすべて行ってくれるマネージドプランになっていますので、サーバーの保守・運用の知識や経験は一切なくても導入が可能です。さらに、作業代行サービスや365日サポートなども行っているので、作業が不安な方はぜひサービスを利用してみましょう。

マネージドサービスでありながら、ユーザーごとに仮想化された環境で利用できるので、他サイトの影響を受けにくく独立した環境が提供されています。
そのため専用サーバーと同様にメモリやCPUのリソースを独占利用でき、さらにクラウドサーバーならではの利用状況に合わせた柔軟なスケーラビリティで、専用サーバー以上のパフォーマンスを可能にしています。

この後の1-3.Zenlogic AWシリーズの搭載機能・仕様でも触れますが、企業サイトにとって必須のSSL証明書の発行・移管ももちろん可能で、その他にもメールセキュリティやWAF(Webアプリケーションファイアーウォール)なども標準パッケージに含まれていますので、オプションで機能を追加していかなくても必要な機能はそろっているので月額費用以外のコストを最小限に抑えることができます。

1-2.Zenlogic AWシリーズの価格表

続いてAWシリーズの料金プランの紹介です。
AW1~4の4種類のプランが提供されており、1ヶ月契約と12ヶ月契約で月額料金が10%変わりますので、12ヶ月で契約することをおすすめします。
支払い方法は、銀行振込・コンビニ決済・口座振替・クレジットカード決算(3万円を超えると銀行振込に自動変更)から選ぶことができ、請求書の発行も可能なので、請求書が必要な企業でも利用が可能です。

Zenlogic AWシリーズの価格表(月額・税抜き)
プラン
AW-1
AW-2
AW-3
AW-4
初期費用
無料
1ヶ月契約
10,900円
17,900円
38,900円
65,900円
12ヶ月契約
9,810円
16,110円
35.010円
59,310円
オプション料金表(税抜き)
ディスク容量追加(1ヶ月)
1セット(100GB)5,000円
ディスク容量追加(12ヶ月)
1セット(100GB)4,500円
転送容量追加(1ヶ月)
1セット(100GB)30,000円
転送容量追加(12ヶ月)
1セット(100GB)27,000円
簡易Web冗長構成1ヶ月
8,800円
16,110円
31,200円
52,800円
簡易Web冗長構成12ヶ月
7,920円
16,110円
28,080円
47,520円
冗長構成容量追加
1セット(100GB)4,000円
1セット(100GB)3,600円

1-3.Zenlogic AWシリーズの搭載機能・仕様

最後にAWシリーズのスペックや搭載機能について紹介します。
詳しい機能紹介などは公式サイトにてご確認ください。

Zenlogic AWシリーズのスぺック・搭載機能の早見表
プラン
AW-1
AW-2
AW-3
AW-4
CPU/メモリ
1vCPU/1GB
1vCPU/2GB
2vCPU/8GB
4vCPU/16GB
ディスク容量
SSD標準100GB(ディスク容量追加はオプションにて可能)
マルチドメイン数
無制限で利用可能
メールアドレス数
無制限で取得可能
転送量
1TBを大幅に超過する場合は制限(オプションにて追加可能)
外部バックアップ
毎日1回自動でデータを取得し外部のシステムにて3日間バックアップを保管
簡易Web冗長構成
(オプション)
メインサーバーとは別にスタンバイサーバーを設置することにより、
万一の緊急時にもサービス停止を最小限に抑えることが可能

Zenlogic AWシリーズはこちらから>>

2.Zenlogic ALシリーズ

Zenlogic ALシリーズは2018年11月14日からZenlogicで提供されている、世界230万以上のユーザーが利用している中国最大のクラウドプロバイダー「Alibaba Cloud」を基盤に採用したクラウドサーバーです。
Webサイトの構築に特化したクラウドサーバーで、Zenlogic ALシリーズもIT専門部署や担当者がいない企業におすすめです。

2-1.Zenlogic ALシリーズの特徴

ALシリーズの特徴としては

  • セキュリティに優れたAlibaba Cloudを基盤に採用!
  • Webサイト構築に必要な機能をすべてパッケージング!
  • サーバー移行作業・代行サービスもあって安心!
  • マネージドサービスなのでサーバー運用の専門知識不要!
  • 直感的に操作できるコントロールパネル!
  • 初期費用無しで始めやすく、月額料金制なので安心!
  • 30種類の機能がパッケージ化で充実機能!

などが挙げられます。

Zenlogic AWシリーズと大部分は同じなのですが、ALシリーズの最大の特徴はセキュリティの高さです。
Alibaba Cloudは非常にセキュリティに優れており、過去には453Gbpsを超える超大規模なDDos攻撃からサイトを守った実績があります。
AWシリーズも十分に高セキュアなのですが、ALシリーズはさらに高セキュアになったクラウドサーバーです。

FTPやデータベース、PHPなどWebサイトの構築に必要な機能がすべてパッケージングされているので、すぐにサイトの作成に移ることができます。
ドメインやSSL証明書はコントロールパネルから簡単操作で取得することができます。

メールサーバーはついておりませんので注意が必要です。

2-2.Zenlogic ALシリーズの価格表

続いてALシリーズの料金プランの紹介です。
AL1~6の4種類のプランが提供されており、1ヶ月契約と12ヶ月契約で月額料金が10%変わりますので、12ヶ月で契約することをおすすめします。
支払い方法はAWシリーズと同じく、銀行振込・コンビニ決済・口座振替・クレジットカード決算(3万円を超えると銀行振込に自動変更)から選ぶことができます。

Zenlogic ALシリーズの価格表(月額・税抜き)
プラン
AL-1
AL-2
AL-3
AL-4
AL-5
AL-6
初期費用
無料
1ヶ月契約
10,800円
15,800円
29,800円
38,400円
49,800円
58,400円
12ヶ月契約
9,720円
14,220円
26,820円
34,560円
44,820円
52,560円
オプション料金表(税抜き)
ディスク容量追加(1ヶ月)
1セット(100GB)5,000円
ディスク容量追加(12ヶ月)
1セット(100GB)4,500円
転送容量追加(1ヶ月)
1セット(100GB)30,000円
転送容量追加(12ヶ月)
1セット(100GB)27,000円

2-3.Zenlogic ALシリーズの搭載機能・仕様

最後にALシリーズのスペックや搭載機能の紹介です。
基本的にはAWシリーズと同じスペックです。
こちらも詳細は公式サイトにて確認してください。

Zenlogic AWシリーズのスぺック・搭載機能の早見表
プラン
AL-1
AL-2
AL-3
AL-4
CPU/メモリ
1vCPU/1GB
1vCPU/2GB
2vCPU/8GB
4vCPU/16GB
ディスク容量
SSD標準100GB(ディスク容量追加はオプションにて可能)
マルチドメイン数
無制限で利用可能
メールアドレス数
メールサービスなし
転送量
1TBを大幅に超過する場合は制限(オプションにて追加可能)
外部バックアップ
毎日1回自動でデータを取得し外部のシステムにて3日間バックアップを保管
簡易Web冗長構成
利用不可

Zenlogic ALシリーズはこちらから>>

3.Zenlogic Yシリーズ

Zenlogic YシリーズはYahoo!JAPAN基盤を採用した、共用サーバーの手軽さとクラウドの拡張性と掛け合わせた次世代型のレンタルサーバーです。
一般的な共用サーバー程度のスペックから専用サーバー程度のハイスペックなものまで8種類のプランが提供されています。
890円のプランのプランでも300GB、2,970円のプラン1からは1TB(最大2TBまで拡張可能)と、同じ値段帯の共用サーバーよりも多い容量が準備されています。

3-1.Zenlogic Yシリーズの特徴

Zenlogic Yシリーズの特徴としては

  • 誰でも直感的に使えるコントロール画面!
  • 自身でプランの変更が自由に行えるのでいつでも”ちょうどいい”サービスが利用可能!
  • 初期費用・回線利用料・手数料などがないので無駄なコストが発生しない!
  • 独立したリソースで他の利用者の影響が受けづらい!
  • 大規模ビジネスを想定して作られたYahoo!JAPANのIaaS型クラウド基盤で高セキュリティ・高機能を実現!
  • 30種類の機能がパッケージ化で充実機能!

などが挙げられます。

3-2.Zenlogic Yシリーズの価格表

続いてYシリーズの料金プランの紹介です。
プランS・1~7の8種類のプランが提供されており、こちらも1ヶ月契約と12ヶ月契約で月額料金が10%変わりますので、12ヶ月で契約することをおすすめします。
支払い方法はAW・ALシリーズと同じく、銀行振込・コンビニ決済・口座振替・クレジットカード決算(3万円を超えると銀行振込に自動変更)から選ぶことができます。

Zenlogic Yシリーズの価格表(月額・税抜き)
プラン
プランS
プラン1
プラン2
プラン3
プラン4
プラン5
プラン6
プラン7
初期費用
無料
1ヶ月契約
1,186円
3,300円
5,300円
7,500円
9,300円
11,500円
13,700円
22,600円
12ヶ月契約
890円
2,970円
4,770円
6,750円
8,370円
10,350円
12,330円
20,340円
オプション料金表(税抜き)
ディスク容量追加(1ヶ月)
不可
1セット(10GB)100円
ディスク容量追加(12ヶ月)
不可
1セット(10GB)90円
転送容量追加(1ヶ月)
1セット(100GB)30,000円
転送容量追加(12ヶ月)
1セット(100GB)27,000円

3-3.Zenlogic Yシリーズの搭載機能・仕様

最後にALシリーズのスペックや搭載機能の紹介です。
基本的にはAWシリーズと同じスペックです。こちらも詳細は公式サイトにて確認してください。

Zenlogic AWシリーズのスぺック・搭載機能の早見表
プラン
プランS
プラン1
プラン2
プラン3
プラン4
プラン5
プラン6
プラン7
CPU
1GB
2GB
4GB
6GB
8GB
16GB
メモリ
1vCPU
2vCPU
4vCPU
ディスク容量
300GB
1TB(最大2TBまでオプションで追加可能)
マルチドメイン数
無制限で利用可能
メールアドレス数
無制限で取得可能
転送量
1TBを大幅に超過する場合は制限(オプションにて追加可能)
外部バックアップ
毎日1回自動でデータを取得し外部のシステムにて3日間バックアップを保管
簡易Web冗長構成
利用不可

Zenlogic ALシリーズはこちらから>>

4.サポート体制

Zenlogicはサポートが非常に充実しております。
通常の電話・メールでの問い合わせに加え、チャットサポートや対面でのサポートに対応しており、印刷してそのまま会議などでも使えるホワイトペーパーと呼ばれる資料も準備されています。

4-1.サポート受付

問い合わせ方法
受付時間
契約前
電話サポート
平日09:00~18:00
問い合わせフォーム
24時間365日
メールサポート
24時間365日
チャットサポート
リアルタイム返答
契約後
電話サポート
無休09:00~18:00(プランSは平日のみ)
問い合わせフォーム
24時間365日
メールサポート
24時間365日
チャットサポート
リアルタイム返答

4-2.対面サポート

これがZenlogicのサポートの最大の特徴でしょう。
実際にZenlogicのスタッフに会ってサポートを行ってもらうリアル対面サポートと、オンラインのWeb会議システムを利用して自宅や勤務先でサポートを受けるWebミーティングという2つの顔を合わせて行うサポートがあります。
リアル対面サポートは大阪オフィスのみの開催ですが、大阪まで足を運べない方でも利用できるWebミーティングのようなシステムを導入しているレンタルサーバーはおそらくありません。

Webミーティング
無料
遠方の方、自宅や勤務先でのサポートを希望する方
リアル対面サポート
無料
大阪近郊の方や、直接会って話がしたい方、操作方法に不安のある方

4-3.ホワイトペーパー

企業で新規の環境を導入するには会議にかけたり、上司へのプレゼンが必要な場合があると思います。
そんな場面で、ホワイトペーパーはそのまま資料として利用することができます。

  • IT専門部門がない中小企業がクラウドサービスの運用コストを削減するポイント
  • クラウド(AWS)導入に抵抗がある中小企業で社内の反対派を説得する回答例
  • ビジネスチャンスを逃さない!Webサイト高速化・安定化の切り札!次世代サービス「Zenlogic CDN」
  • クラウド基盤を採用した次世代ホスティングサービスとは?

などのホワイトペーパーをダウンロードすることができます。

5.障害情報

2012年にデータベースやFTPデータがすべて消えてしまった事故を触れずにZenlogicの紹介を終わらすことはできません。
ディスク交換中の人為的なミスで起こった障害にもかかわらず、謝罪なども一切なかったようです。
現在もZenlogicは1ヵ月に3~6回程度の障害が平均的に起きています。
企業向けのレンタルサーバーとして運営していくのであればもう少し障害頻度は少なくうぽい期待します。

2月から3月末までの障害情報をまとめましたので、復旧までの時間などを是非参考にしてください。

2019年3月1日~10日のサーバー障害情報
2/9
12:23~13:16
57分
2/9
12:30~13:16
46分
2/10
03:20~03:55
35分
2/16
19:49~20:23
34分
2/18
03:22~04:07
45分
2/18
05:49~06:23
34分
2/18
08:21~08:43
22分
3/3
03:33~04:16
43分
3/7
05:36~06:19
45分
3/7
06:34~07:02
28分
3/9
03:31~03:48
17分
3/18
14:55~15:39
44分

6.口コミ・評判

Zenlogicに寄せられた口コミや評判をまとめました。
やはり2012年に起こった事故以降、ユーザーは激減し、いまだに悪い印象を持っている方は多いです。

  • 「障害さえ少なければ機能も充実していて満足できるレンタルサーバー」
  • 「これだけの容量を使えるレンタルサーバーはZenlogicしか知らない」
  • 「ITに詳しくない方でも利用できるクラウドサーバー」
  • 「絶対にもう利用しないレンタルサーバー」

などの口コミが多いです。
機能に満足している方と事故に巻き込まれた方との評判の差が非常にはっきり分かれています。
ここ数年では大きな障害はないので、数年内に利用を始めたユーザーは概ね満足しているイメージです。

7.まとめ

障害が少し多いのが非常に残念ですが、機能や料金面では非常に優れたクラウド型レンタルサーバーです。
プランの選び方ですが、使いたい基盤が決まっている場合はその基盤を選んだらいいと思うのですが、どう決めればいいのか分からないという方は、導入前のサポートにてプランの決め方などを教えてくれますので、今後長く利用するレンタルサーバーのサポートを体験する意味でも一度問い合わせてみるといいでしょう。
契約期間はすべてのプランで12ヶ月契約することをおすすめします。
全プランで2週間の無料お試し期間が設けられていますので、まずは気軽にZenlogicを使用してみましょう!

総合評価

月額
890円~
初期費用
無料
評価
ディスク容量
100GB~2TB
転送量
1TB/月
サポート
メール・電話・チャット・対面ミーティング
総評
企業のみならず、個人での利用にも最適なクラウド型レンタルサーバーです。
障害頻度が落ち着いて、これから大きな障害が起きないことだけを祈ります。
機能や料金は非常に優れているレンタルサーバーです。
PAGE TOP