レンタルサーバー各社の設定方法

xserver

【画像で解説】XSERVER(エックスサーバー)の初期設定~WordPress設置まで

XSERVERの申し込みから初期設定、ドメイン取得やWordPressの設置など一連の流れを実際にXSERVERのスクリーンキャプチャを使って解説していきます。
初めて利用する方はこのページを見ながら設定を進めていくとスムーズにサイト開設まで行うことができるかと思います。
XSERVERの紹介は【今がチャンス!】XSERVER(エックスサーバー)の評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】をご覧ください。

目次

1.申し込み~契約
2.本契約
3.ドメイン取得
4.WordPress設置

1.申し込みから契約まで

まずはXSERVERの10日間の無料お試し体験の申し込みを行いましょう。
XSERVERへは下のバナーから飛ぶことができます。


申し込み

下の画像で丸をしてある「お申込みはこちら」から申し込みを始めましょう。

XSERVERを始めて利用する方は「新規お申込み 10日間無料お試し」からお申し込みフォームに移動します。

続いて申し込み情報を入力していきます。

サーバーID(初期ドメイン):英数字3文字~12文字の間で入力しましょう。初期ドメインやFTPアカウントで利用するものになります。サイトのドメインとは別のものになりますので覚えやすいIDで良いでしょう。

プラン:契約するプランを「X10]「X20」「X30」から選びましょう。

メールアドレス:登録する自身のメールアドレスを入力します。サーバーで取得するメールアドレスとは違います。

メールアドレス(確認):メールアドレスを再入力します。コピー&ペーストではなく直接打ち込みましょう。

登録区分:個人か法人化を選びます。登記のない個人事業主やアフィリエイターの方は個人を選びましょう。

名前・名前(フリガナ):自身の苗字・名前を入力します。法人の場合は担当者の氏名を入力します。

郵便番号・住所:郵便番号と住所を入力します。郵便番号から町名までは自動入力ができます。

電話番号:自身の電話番号を入力します。固定電話でも携帯電話でも問題ありません。

利用規約と個人情報の取扱いについて:すべて読んだ上で、「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意するにチェックを入れます。

すべて入力して契約内容を確認して「お申し込みをする」から申し込みを完了しましょう。

申し込みが完了したら入力したメールアドレス宛に「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (serverchoice.xsrv.jp)」というタイトルの確認メールが来ます。
メール中部に記載してある会員IDやインフォパネルパスワードなどは必ず控えておきましょう。
これで申し込みから契約までが完了です。

2.本契約

続いて本契約と初期設定を行います。
キャンペーンドメインの取得は無料のお試し期間では行えないので、実際にサイトを作成するには本契約が必要になります。

本契約

先ほど受信したメールの「インフォパネル」に記載のURLからログイン画面に移動します。
メールに記載してある会員IDまたはメールアドレスと、インフォパネルパスワードを入力しログインします。

「料金のお支払い/請求書発行」を押して、お試し体験から本契約に移行します。

下の画像の左の丸部分にチェックを入れて、更新期間を選択し「お支払い方法を選択する」を押します。

銀行振込・クレジットカード・コンビニエンスストア・ペイジーの中から支払い方法を選択し決算画面に進み支払いを完了させましょう。

自動更新設定もできるので、契約更新を忘れそうな方は設定を済ませておきましょう。

3.ドメイン取得

続いてドメインの取得を行います。
独自ドメインの取得無料キャンペーンを行っている場合はサイドバーのキャンペーンドメインから、「X20」「X30」を契約した場合はプレゼントドメインから独自ドメインを取得しましょう。
キャンペーンを行っている場合は取得方法のマニュアルが公開されているのでそれを見ながら取得しましょう。
どちらにも当てはまらない場合はサーバーパネルから取得する方法と、お名前.comなどのドメイン取得サービスで取得する2つの取得方法があります。
このページではサーバーパネルからのドメイン取得方法を紹介します。

ドメインメニューのドメイン設定を開きます。

ドメイン設定追加をクリックし、取得するドメイン名を入力して「確認画面へ進む」へ進みます。
「無料独自SSLを利用する(推奨)」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」の2つにチェックが入っていることを確認して進みましょう。
ここにチェックを入れておくことで無料独自SSL「Let’s Encrypt」の設定が自動で完了します。
ドメイン名の決め方については図解でわかりやすい「ドメイン」とは?仕組みと種類を徹底解説を参考にしてください。

確認画面へ進んだら追加するボタンを押してドメインの取得を完了しましょう。
ドメイン取得後、反映まで数時間から1日ほどかかることがありますので、まずはここで初期設定はひとまず終了です。お疲れさまでした。

4.WordPress設置

ドメインが反映されましたらWordPressの簡単インストールを行います。
サーバーパネルのWordPressメニューからWordPress簡単インストールを選びます。

取得したドメイン名を選択してWordPressインストール情報を入力します。

インストールURL:ここは特に入力する必要はありません。

ブログ名:設定するサイト名を入力します。後から自由に変更できます。

ユーザー名:WordPressのログインなどに必要なユーザー名を入力します。

パスワード:半角英数、記号を7文字~16文字の間で設定します。

メールアドレス:自身のメールアドレスを入力します。申し込みの際に入力したものと同じでも構いません。

キャッシュ自動削除:ONにするのままでいいです。

データベース:自動でデータベースを生成するのままでいいです。

すべて入力したら確認画面へ進み、インストールを完了します。
ここでもログインIDやパスワードをしっかりと控えておきましょう。
インストール完了後、サイトが表示されない場合は少し時間を空けるか、ブラウザのキャッシュ(履歴)を削除して再度表示してみましょう。

これで申し込みからWordPressのインストールまで完了です。
この後はWordPressでテーマのダウンロードをしたり必要なプラグインなどをインストールしていきましょう。

また、必須ではありませんが、自動生成されたログインパスワードは変更が可能なので、普段自分の使用しているパスワードに変更するのがおすすめです。

なにか不明点があれば、サポートに連絡すると丁寧に対応してくれますので電話サポートを使ってみるのもいいでしょう。
ダイアル後「3番」を選ぶと技術サポートにつながります。

それではXSERVERでのサイト運営を頑張ってください!

関連記事

  1. 【画像で解説】カゴヤジャパン共用サーバーの初期設定~WordPress…

PAGE TOP