レンタルサーバーの基礎知識

レンタルサーバーのSSDってなに?HDDとの違いとメリット・デメリットを徹底解説!

SSDはソリッド・ステート・ドライブの略で、サーバー内のファイルを記憶しておく装置(ストレージ)のことです。
以前までのレンタルサーバーのストレージはHDD(ハード・ディスク・ドライブ)が主要でしたが、近年は技術の発展と共にサーバーも進化し、SSD搭載のものが増えてきました。
このページではSSD搭載のレンタルサーバーを選ぶメリット・デメリットや、おすすめレンタルサーバーを紹介していきたいと思います。
レンタルサーバーの比較をする際に、SSDとHDDの違いは外せない項目なのでしっかりとSSDについて理解しておきましょう。

目次

1.SSDとは?
2.SSD搭載サーバーを選ぶメリット
3.SSD搭載サーバーを選ぶデメリット
4.おすすめのSSD搭載レンタルサーバー
5.まとめ

1.SSDとは?

冒頭でも触れましたがSSDとはデータファイルを記録しておくストレージのことです。
データの読み込みや書き込みを行う装置のことをドライブと呼びます。
どちらもドライブなのですが、記憶の方法が違います。

ソリッド・ステートは和訳すると「個体の状態」です。
SSDは、光学式といって電気信号のみを使用してデータファイルの読み取り・書き込みが可能です。
ではHDDが液体や気体なのかというと間違いなく個体なのですが、ハードディスクは名前の通り、円盤型の記憶装置のことを指します。
円盤型というとCDやレコードを思う浮かべるかと思うのですが、そのイメージで間違いありません。
ハードディスク(円盤)に記録されたデータファイルは磁気装置を使用して物理的にデータの読み取り・書き込みを行います。
そのため物理的な動作が必要なHDDよりも、不必要なSSDの方が高速でデータのやり取りができるというわけです。

下のイメージの上2つがHDD(円盤型)、下2つがSSD(光学式)です。

2.SSD搭載サーバーを選ぶメリット

SDDとHDDについて解説しましたが次はSSDを搭載しているレンタルサーバーを選ぶメリットについて紹介していきます。
SSD搭載サーバーのメリットは大きく分けて3つあります。

サイト表示が高速

1つ目のメリットは先ほども書きましたが、HDDよりも高速でデータのやり取りができる点です。
データベースなど、容量自体は小さくとも大量のデータが記憶してあり、何度もデータの取得を行う必要がある場合にSSDの本領が発揮されます。
多くのレンタルサーバーは特徴で
「オールSSDでWordPressの表示速度を〇倍に!」
などとうたっているのがそれにあたります。
WordPressは以下のようなサイクルでサイトを表示しています。

  • ユーザーのデバイス(スマホやパソコンのブラウザ)からサイト表示の要求
  • レンタルサーバー経由でWordPressがMySQLからデータベースを取得
  • データベースを取得したWordPressがHTMLを生成
  • ユーザーの要求したページが表示

という一連の流れでリンクやボタンをクリックするとWordPressサイトは表示されています。
このようにサイト表示までにいくつかのステップが必要なので、SSDとHDDの表示速度の差は広がっていくわけです。
なのでSSDが搭載されているレンタルサーバーは高速表示が可能なわけです。

SEOで有利

2つ目のメリットはSEOがSSDのほうが有利な点です。
SEOとは検索エンジン最適化という意味で、簡単に説明すると、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)はユーザー(検索した人)にとって最適で求めていることが書いてあるページを検索上位に表示します。
そのため検索エンジンはいくつもの項目からページに対して評価をして、検索順位を決めています。
その項目の1つに、サイト表示のスピードがあるとGoogleは明言していますので、サイト表示が早いのはSEO対策の面でもメリットになるというわけです。

ある調べではユーザーは2秒以上サイトが表示されないとストレスを感じてしまうという結果も出ています。
Googleの発表では、モバイルユーザー(スマホやタブレットなど)はサイト表示に3秒以上かかってしまうと53%のユーザーは表示前に離脱してしまうとのことです。
サイト表示を高速化する方法はいくつもあるのですが、やはり使用しているサーバー自体のサイト表示が遅いと、どうしようもなくなってしまうのでSSD搭載のレンタルサーバーが好ましいということになります。

衝撃に強い

最後にSSDは外部からの物理的な衝撃に強いです。
正しくはSSDが衝撃に強いというよりもHDDが衝撃に弱いです。
ノートパソコンなどでもそうなのですが、ハードディスクの搭載されているノートパソコンは「え?!今ので?!」と思ってしまうような落下でもすぐに故障してしまうことがあります。

レンタルサーバーのデータセンターは日本各地に設置されていますので、日本に設置されている以上地震などの災害のリスクがあります。
耐震構造がしっかりしていることはもちろんですが、SSD搭載のサーバーであれば何かが倒れてきたなどした時にドライブが故障するリスクを、HDD搭載のサーバーよりも抑えることができます。

これは余談ですが「地震の少ない北海道にデータセンターを配置!」とうたっているレンタルサーバーがありますが、過去にどれだけ地震の発生件数が少なくても、2018年に起きた北海道胆振東部地震のように突然大きな地震が起きてしまうのが日本という国なので、データセンターの設置地域よりも、耐震・免震がしっかりした環境でデータ保全を行うことの方が大事なのではないかと個人的に管理人は思っています。

3.SSD搭載サーバーを選ぶデメリット

SSD搭載レンタルサーバーを選ぶメリットを3つ紹介しましたが、ではデメリットはないのでしょうか?
正直に言いますとほとんど無いです
強いてデメリットを挙げるとするとHDDのプランよりも価格が高いことや、容量が少ない場合が多いです。
料金はやはりSSD搭載のサーバーのほうが高くはなっているのですが、容量に関しては最近はハイスペックなサーバーが増えてきているので差はほとんどなくなってきています。
実際に「オールHDD搭載のレンタルサーバー」「データベースのみSSD搭載のレンタルサーバー」「オールSSD搭載のレンタルサーバー」の料金とスペックを見てみましょう。

レンタルサーバー「プラン」
料金
ストレージ容量
ドライブの種類
LOLIPOP「スタンダード」
540円
120GB
オールHDD
カゴヤ共用サーバー「S11」
864円
100GB
DBサーバーのみSSD
エックスサーバー「X10」
1,080円
120GB
オールSSD

※1年契約・年間一括払いの場合の料金です。

ストレージ容量が似たプランでまとめてみました。
やはりオールSSDのエックスサーバー料金は約2倍ほど高くなってしまっていますが、しかし500円ほどの差額です。
この差を大きいか小さいかは考え方によって変わってくるのですが、500円ならオールSSDを選びたいという方も多くいるはずです。
レンタルサーバー業界全体にSSD搭載の流れは間違いなく大きくなりつつあるので、多くのサーバーがSSDを搭載し始めると競う部分が少なくなり、最終的には価格競争が起きてくるので、さらに料金は安くなっていくことも十分にあり得るかと思います。

表で紹介したHDD搭載のLOLIPOP!レンタルサーバーですが、HDDではありますが独自機能のコンテンツキャッシュなどでサイト表示を高速化していますので、HDDだから遅いというわけではありません。
Webサーバーやプロトコルなどによっても表示速度は変わってきますので、一概にHDDだから絶対に遅いという考えは持たないようにしましょう。

4.おすすめのSSD搭載レンタルサーバー

最後にオールSSDのおすすめレンタルサーバーを紹介します。
先ほども出てきたエックスサーバーの紹介です。

XSERVER(エックスサーバー)

x-server
レンタルサーバーの鉄板、エックスサーバーです。
利用サイトは160万を超える大人気のレンタルサーバーです。
メールサーバー、データベースサーバーすべてにSSDを搭載し、従来のHDD環境よりも約48倍の読み込み速度を記録しています。
さらにサイトを高速・安定化させるXアクセラレータや、大量の同時アクセス処理に最適化されたnginxというWebサーバーも導入し高速かつ安定したサイト表示を可能にしています。
自動バックアップ機能もあり、安心ですし、マルチドメイン・転送量が無制限ですので複数のサイト運営にも対応しています。

さらに今なら2019年4月26日まで、取得・更新費用が永久無料で独自ドメインを1つ取得できるので、今が契約のチャンスです。
無料お試し期間が10日間設けられていますので、まずは気軽にエックスサーバーのスピード感や操作性を体感してみましょう!

XSERVER「X10」
料金
月額
1,080円
ドメイン
無制限
転送量
無制限
初期費用
3,000円
ストレージ
SSD200BG
MySQL
50個
お試し期間
10日間
サポート
電話・メール

【今がチャンス!】XSERVER(エックスサーバー)の評判と使いやすさ【スペック、障害頻度】で分かりやすくさらに詳細な紹介をしていますのでもっと詳しく見たいという方は是非ご覧ください。

エックスサーバー公式ページはこちらから>>

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
SSD搭載のレンタルサーバーについてしっかりと理解いただけたかと思います。
SSDとHDDの違いだけでレンタルサーバーを選ぶのは違いますが、レンタルサーバーを選ぶうえでの重要な比較対象になりますので、契約の際はしっかりと確認するようにしましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 「DNS」とは?仕組みと役割の話

  2. Concept internet on earth

    「ホスティングサービス」とは?初心者にも分かりやすい解説

  3. レンタルサーバーに必要なセキュリティまとめ

  4. レンタルサーバーの「転送量」とは?無制限は無限ではない?!

  5. レンタルサーバーのメモリとは?役割と性能の差で何が起こるのか

  6. レンタルサーバーのCPUとは?役割と性能の差で何が起こるのか

PAGE TOP