Web制作の基礎知識

「PHP」とは何か?できることをわかりやすく

「PHP」とは何か?できることをわかりやすく

Webページを作成する上でHTMLやCSSと並んで使われるプログラミング(プログラム)言語に「PHP」があります。この「PHP」とは一体何なのでしょうか。

プログラミングを学ぶ上で1つの選択肢となるのがPHP言語です。そこでPHPとは何なのかと、PHPでできることを徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「PHP」とは何か?

PHPとは「PHP:Hypertext Preprocessor(ピーエイチピー・ハイパーテキスト・プリプロセッサー)」の略で、PHPの部分は「Personal Home Page」が由来となります。

PHPはオープンソースの汎用プログラミング言語で、商用・非商用関係なくソースコード(プログラム元)が公開されています。また、プログラミング言語は大きく「スクリプト言語」と「コンパイル言語」に分かれますが、PHPはスクリプト言語に含まれます。

スクリプト言語とは

スクリプト言語とは「アプリケーション作成に特化したプログラミング言語」のことです。スクリプト言語で代表的なものとして、JavaScript(ジャバスクリプト)やPython(パイソン)、Ruby(ルビー)、そしてPHPがあります。

通常、プログラミング言語は事前にエラーチェックを行い、実行するというシステムです。しかし、スクリプト言語は先に実行し、動かしながらエラーがあるかどうかを確認します。実行してから処理を行う言語を「動的プログラミング言語」と呼びます。

コンパイル言語とは

コンパイル言語とは「コンピューターが理解できる機械語に翻訳(コンパイル)して実行するプログラミング言語」です。機械語は「00 01 11 10…」などと表記されますが、人間にとって分かりにくい言語のためこの「コンパイル言語」が開発されました。

コンパイル言語で代表的なものとしてはJava(ジャバ)やC言語、C++があります。スクリプト言語とは逆に、処理をして実行するため「静的プログラミング言語」と呼ばれています。

サーバーサイドで動くプログラミング言語

PHPはWebサーバー上(サーバーサイド)で動くプログラミング言語です。WebサーバーにPHPのソフトウェアをインストールして、インターネットを介してプログラミングが実行されます。

サーバーサイドのプログラミング言語として、他にはRubyやJavaなどがあります。サーバーサイドでプログラムが処理されるため、Webサーバーにアップロードしている画像や動画、データベースとの連携が容易です。そのためWebサーバーに使われるソフトウェアのApacheやデータベース管理システムとなるMySQLとの相性が良いです。

クライアントサイドで動くプログラミング言語

サーバー側とは逆に、クライアントサイド(パソコン)で動くプログラミング言語も存在します。代表的なのがJavaScriptで、ブラウザ上で実行できるのが特徴のプログラミング言語です。

PHPはよくJavaScriptと比較されることがありますが、JavaScriptは「ポップアップ」や「エラーページ」、「画像のスライドショー」などの実行に使われます。一方、PHPは「ブログ投稿数の表示」や「会員情報の表示」などデータベースと連携して実行されるので、機能としては全く異なります。

HTMLに埋め込んで記述する

PHPはHTML(HyperText Markup Language・ハイパーテキストマークアップランゲージ)の中に書いて実行します。HTMLのタグの中に書くことが多く、「」の中にコードを記述して実行していきます。

PHPはC言語に記述が似ていると言われることがありますが、条件分岐には「if文」、ループ処理には「for文」、「echo文」で呼び出しを行います。PHPはWebアプリケーションを作る上で取り組みやすく、応用が効くのが特徴です。

PHPでできること

PHPはプログラミング言語として「スクリプト言語(動的プログラミング言語)」「サーバーサイドで動く」ということが分かりました。また、HTMLに埋め込んで記述できる言語というのも特徴の1つです。

では、PHPでできることとして、どのようなシステムやアプリケーションがあるのでしょうか。PHPで作られている代表的なものをまとめてご紹介します。

メールフォーム

PHPで作れる代表的なアプリケーションが「メールフォーム(お問い合わせフォーム)」です。HTMLでメールフォームを作成し、PHPを使うことで「確認画面」や「完了画面」を出せるようになります。

メールフォームはCGIというPerl言語を使ったプログラミング言語で作ることも可能ですが、記述が複雑で、HTMLとの連携も出来ない言語になります。PHPの方が分かりやすく、素早い処理が可能で、現在はPHPを使うのが主流です。

予約システム

PHPを使うことで、予約システムを作成することも可能です。予約システムには「日付・時間の表示」「空き状況の判別」などの動的プログラミング言語が求められます。

これに対応しているのがPHPで、有名な予約システムサイトの「一休.com」もPHPで作成されています。顧客やお店のデータを動的にチェックし、24時間対応が可能なPHPで記述することが求められています。

検索フォーム

検索フォームはGoogleやYahoo!などの検索エンジンだけでなく、Webサイト内にも使われるのが当たり前となっています。そして、この検索フォームもPHPを使うことで、よりスピーディーな検索結果の表示に対応します。

有名グルメ検索サイトの「ぐるなび」もPHPが利用されており、「エリア×店名」や「駅名×店名」の複雑な検索もお手の物です。

ブログサービス

ブログサービスのシステムにおいても、PHPが大きく役立っています。具体的には「新規登録」や「ログイン機能」、「ログアウト機能」もPHPによって処理されています。

ブログサービスとして有名な「WordPress」もPHPで開発されており、全世界のWebサイトの4分の1はWordPressが使われていると言われています。Webサイト作成において、PHPを使わないと不便すぎると言っても過言ではありません。

SNS

TwitterやFacebook(初期)などのSNS(ソーシャルネットワークサービス)においても、PHPのプログラミング言語が採用されています。例えば、「ユーザー情報の処理」「記事の投稿」「更新」「削除」などもPHPで記述されています。

他にも「グループ機能」「チャット機能」「メッセージ」などかゆい所に手が届くのがPHPなので、SNSとの関係は深く、PHPの記述があってのSNSです。

API

APIとは「アプリケーションプログラミングインタフェース」の略で、SNSなどに追加できるアプリケーション機能です。このAPIという機能はTwitterやFacebookにも採用され、他のアプリケーションやWebサービスとの連携が容易となるシステムです。

様々なWebサービスがTwitterやFacebookなどのSNSと連携しようとAPIを出していますが、その多くがPHPで開発されています。PHPはオープンソースのため、サンプルコードも公開されている事が多く、API開発にも役立っています。

ECサイト

Amazon.comや楽天市場などのECサイト(ショップサイト)もPHPで構築が可能です。具体的にはCMS(Content Management System)というPHPを使った「コンテンツ管理システム」ソフトウェアを使用しています。

日本で1番有名なCMSとしては「EC-CUBE」があり、無料で使えるオープンソースとなります。またCMS の機能としてある「会員情報の登録」「購入」「予約」「決済処理」などは全てPHPによって開発が可能です。

管理システム機能

企業などでもPHPは採用されていて、スケジュール管理ソフトの多くがPHPを採用しています。主な機能としては「カレンダー表示」「予定追加」「タイムカード機能」などがあります。

他にも「顧客管理」「出席管理」なども出来るので、幅広い管理システムに対応が可能です。PHPはサーバーで動くことからも、スピーディーな処理に対応することが出来ます。

ファイル作成

管理システムにおいて、「ログファイル」「データ保存」「エクセルファイル」などのファイル作成もPHPで処理が可能です。これは管理システムに留まりませんが、特に顧客データやカレンダーの印刷ファイル作成などに役立ちます。

ファイル作成は他にも「PDF」「HTML」「MP3」「MP4」などの様々なファイル作成の処理にPHPが実行されます。特に処理が複雑とされる「JPEG」などの画像ファイルにも対応しているのがこのPHPです。

PHPができないこと、苦手なこと

PHPは多くのできることがあり、Webアプリケーション構築において切っても切れない関係であることは間違いありません。

しかし、中にはPHPではできないことや苦手なことも存在します。ここではPHPで記述できない、実行するには無理があることをまとめていきます。

図形描写

PHPは図形描写などの「デザイン面」には上手く対応できません。具体的には「形」「色」「動き」などをPHPで表現するには多くの処理が必要となります。

理由として、PHPはHTMLに埋め込んで記述をしますが、そのデザインをHTMLやCSS、JavaScriptに任せているためです。HTMLが「形」、CSSは「色」、JavaScriptが「動き」を担当しています。

大量のデータ処理

PHPでは大量のデータ処理は不可能に近いです。理由は大量のデータは「データベース」で処理され、そのデータベースにはSQL(シークェル)などの「データベース言語」が使われているからです。

そして、このSQLで作られた「My SQL」がPHPと連携し、大量のデータ処理を可能とします。PHPにはそもそも備わっていない機能なので、できないこととして分類されます。

システムの基礎構築

システムの基礎を作るのは、サーバーサイドのプログラミング言語には不適切で、PHPだけで動くシステムやアプリケーションというのは存在しません。

PHPは何か別のプログラミング言語に依存して、動的に処理することで効果を発揮します。ですので、システムの基礎構築の場合はコンパイル言語となるC言語やJavaなどで作られることが求められます。

まとめ

ここまでPHPとは何かについてとPHPでできること、できないこと、苦手なことをご紹介しました。PHPを学ぶ際はまず、PHPが何かを理解して、何をやりたいかを決めると良いです。

この記事がPHPに関心を高めることに役立てば幸いです。Webアプリケーションに興味がある方はPHPから勉強するのも1つの手です。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

  1. SSL証明書とは?無料と有料での違いも解説

  2. SEO対策とは

    SEOとは?誰でも実践できる基本的な9つのSEO対策

  3. 2019年から始めるアフィリエイト!失敗しないための知識と仕組み

PAGE TOP